京衛武百十

京衛武百十

「クセの強い喪女作家のショタ吸血鬼育成日記」完結しました。

いろんな意見はあって当然だと思いますが、私自身の死生観的にはこの結末で納得しています。

『命あるものはいつか命尽きる』

『別れは必ずある』

『だからこそ大切にしてほしいものがある』

これは、私の子供達にもしっかりと理解していてほしいことですし。

ただ、目指していた『ほのぼの』には程遠いのも事実ですので、「ショタパパ ミハエルくん」の方でただただアオとミハエルがいちゃいちゃするだけの話を書きたいと思っています。
コメント 0
登録日 2019.08.18 17:51

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0