京衛武百十

京衛武百十

48 123
俺の名は錬是(れんぜ)。開拓や開発に適した惑星を探す惑星ハンターだ。 だが、宇宙船の故障である未開の惑星に不時着。宇宙船の頭脳体でもあるメイトギアのエレクシアYM10と共にサバイバル生活をすることになった。 と言っても、メイトギアのエレクシアYM10がいれば身の回りの世話は完璧にしてくれるし食料だってエレクシアが確保してくれるしで、存外、快適な生活をしてる。 しかもこの惑星、どうやらかつて人間がいたらしく、その成れの果てなのか何なのか、やけに人間っぽいクリーチャーが多数生息してたんだ。 地球人以外の知的生命体、しかも人類らしいものがいた惑星となれば歴史に残る大発見なんだが、いかんせん帰る当てもない俺は、そこのクリーチャー達と仲良くなることで残りの人生を楽しむことにしたのだった。     筆者より。 なろうで連載中の「未開の惑星に不時着したけど帰れそうにないので人外ハーレムを目指してみます」に若干の手直しを加えたVer.02として連載します。 なお、連載も長くなりましたが、第五章の「幸せ」までで錬是を主人公とした物語自体はいったん完結しています。それ以降は<錬是視点の別の物語>と捉えていただいても間違いではないでしょう。
24hポイント 249pt
小説 5,718 位 / 149,082件 ファンタジー 1,129 位 / 35,511件
文字数 2,055,150 最終更新日 2022.08.16 登録日 2019.09.27
SF 連載中 長編 R15
彼女の名前は、<アリシア2234-LMN>。地球の日本をルーツに持つ複合企業体<|APAN-2(ジャパンセカンド)>のロボティクス部門が製造・販売するメイド型ホームヘルパーロボットの<アリシアシリーズ>の一体である。 しかし彼女は、他のアリシアシリーズとは違った、ユニークな機体だった。 まるで人間の少女のようにくるくると表情が変わり、仕草もそれこそ十代の少女そのものの、ロボットとしてはひどく落ち着きのないロボットなのである。 なぜなら彼女には、<心>としか思えないようなものがあるから。 人類が火星にまで生活圏を広げたこの時代でも、ロボットに搭載されるAIに<心>があることは確認されていなかった。それを再現することも、意図的に避けられていた。心を再現するためにリソースを割くことは、人間大の機体に内蔵できるサイズのAIではまったく合理的ではなかったからである。 けれど、<千堂アリシア>とパーソナルネームを与えられた彼女には、心としか思えないものがあるのだ。 ただしそれは、彼女が本来、運用が想定されていた条件下とは全く異なる過酷な運用が行われたことによって生じた<バグ>に過ぎないと見られていた。 それでも彼女は、主人である千堂京一を愛し、彼の役に立ちたいと奮闘するのであった。
24hポイント 200pt
小説 7,007 位 / 149,082件 SF 79 位 / 4,027件
文字数 1,035,382 最終更新日 2022.08.16 登録日 2019.04.24
女流ラノベ作家<蒼井霧雨>は、非常に好き嫌いの分かれる作品を書くことで『知る人ぞ知る』作家だった。 そんな彼女の作品は、基本的には年上の女性と少年のラブロマンス物が多かったものの、時流に乗っていわゆる<異世界物>も多く生み出してきた。 これは、彼女、蒼井霧雨が異世界物を書く理由である。     筆者より 「ショタパパ ミハエルくん」が当初想定していた内容からそれまくった挙句、いろいろとっ散らかって収拾つかなくなってしまったので、あちらはあちらでこのまま好き放題するとして、こちらは改めて少しテーマを絞って書こうと思います。 基本的には<創作者の本音>をメインにしていく予定です。 もっとも、また暴走する可能性が高いですが。 なろうとカクヨムでも同時連載します。
24hポイント 242pt
小説 5,795 位 / 149,082件 キャラ文芸 47 位 / 3,446件
文字数 770,932 最終更新日 2022.08.16 登録日 2020.03.31
蒼井ミハエルは、外見は十一歳くらいの人間にも見えるものの、その正体は、<吸血鬼>である。人間の<ラノベ作家>である蒼井霧雨(あおいきりさめ)との間に子供を成し、幸せな家庭生活を送っていた。 なお、長男と長女はミハエルの形質を受け継いで<ダンピール>として生まれ、次女は蒼井霧雨の形質を受け継いで普通の人間として生まれた。 これは、そういう特殊な家族構成でありつつ、人間と折り合いながら穏当に生きている家族の物語である。     筆者より  ショタパパ ミハエルくん(マイルドバージョン)として連載していたこちらを本編とし、タイトルも変更しました。
24hポイント 327pt
小説 4,485 位 / 149,082件 キャラ文芸 32 位 / 3,446件
文字数 585,451 最終更新日 2022.08.16 登録日 2020.05.22
前世の記憶が蘇った転生者であるファロは、ひょんなことで知り合ったネクロゴーレムの少女ノーラと共に旅をしていて、道の真ん中に行き倒れていた魔法少女の格好をしたリョウと出遭う。が、リョウの師匠であった夫婦はどうやら転生者か転移者であったらしく、リョウは<ゲッ〇ーロボ>の武装を真似た魔法を使う、ぶっ飛んだ脳筋少女であった。 こうして三人のおかしな旅が始まったのである。
24hポイント 200pt
小説 7,007 位 / 149,082件 ファンタジー 1,499 位 / 35,511件
文字数 65,137 最終更新日 2022.08.16 登録日 2022.06.17
SF 連載中 長編 R15
オオカミ竜のジャックは、恵まれた体を持つ個体だった。兄弟達よりも早く卵から孵った彼は、真っ先に昆虫などを食い漁り、みるみる体を大きくした。また彼は狩りも上手く、兄弟達が群れで襲い掛かっても敵わなかった猪竜(シシ)を一頭で倒してみせた。 しかし、彼は本当は血生臭いことはあまり好きではなかった。本当はただゴロゴロぐうたらしていたかったのだ。なのにこの世界は彼をのんびりとはさせてくれなかった。恵まれた体を持ち狩りも上手かったかれは仲間達から頼りにされ、いつしか頼られる存在になっていく。 さらには、ボスにも勝ててしまい、その瞬間、彼がオオカミ竜の群れのボスとなってしまった。 ことここに至り、彼も観念したかのようにボスとして群れを率いていく。 なのに、過酷なこの世界は、彼を休ませてはくれなかった。彼らが生きている草原に生息していた草食動物達の間で疫病が広まり、数が激減。同じオオカミ竜の別の群れや、他の肉食獣らと餌の奪い合いが始まり、それに伴っての衝突も増えていく。 それでも十分な餌が確保できなくなったことで雌は卵を産まなくなり、老いた仲間は耐えずに飢えて死んでいく。 こうしてジャックは、決断を迫られるのだった。
24hポイント 200pt
小説 7,007 位 / 149,082件 SF 79 位 / 4,027件
文字数 68,135 最終更新日 2022.08.16 登録日 2022.06.17
SF 完結 長編 R15
ここは、惑星<朋群(ほうむ)>。多数のロボットに支えられ、様々な特色を持った人間達が暮らす惑星。そこで鵺竜(こうりゅう)と呼ばれる巨大な<竜>について研究する青年、<錬義(れんぎ)>は、それまで誰も辿り着いたことのない地に至り、そこで一人の少女と出逢う。少女の名前は<斬竜(キル)>。かつて人間を激しく憎み戦ったという<竜女帝>の娘にして鵺竜の力を受け継ぐ<凶竜の姫>であった。 こうして出逢った斬竜に錬義は戸惑いながらも、彼女を見守ることにしたのだった。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 SF 4,027 位 / 4,027件
文字数 106,189 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.03.14
外宇宙惑星探査チーム<コーネリアス>の隊員六十名は、探査のために訪れたN8455星団において、空間や電磁波や重力までもが異常な宙域に突入してしまい探査船が故障、ある惑星に不時着してしまう。 その惑星は非常に地球に似た、即移住可能な素晴らしい惑星だったが、探査船は航行不能。通信もできないという状態で、サバイバル生活を余儀なくされてしまった。 幸い、探査船の生命維持機能は無事だったために隊員達はそれほど苦労なく生き延びることができていた。 <あれ>が現れるまでは。 それに成す術なく隊員達は呑み込まれていく。 しかし――――― 外宇宙惑星探査チーム<コーネリアス>の隊員だった相堂幸正、久利生遥偉、ビアンカ・ラッセの三人は、なぜか意識を取り戻すこととなった。 しかも、透明な体を持って。 さらに三人がいたのは、<獣人>とも呼ぶべき、人間に近いシルエットを持ちながら獣の姿と能力を持つ種族が跋扈する世界なのであった。     筆者注。 こちらに搭乗する<ビアンカ・ラッセ>は、「未開の惑星に不時着したけど帰れそうにないので人外ハーレムを目指してみます(Ver.02)」に登場する<ビアンカ>よりもずっと<軍人としての姿>が表に出ている、オリジナルの彼女に近いタイプです。一方、あちらは、輪をかけて特殊な状況のため、<軍人としてのビアンカ・ラッセ>の部分が剥がれ落ちてしまった、<素のビアンカ・ラッセ>が表に出ています。 どちらも<ビアンカ・ラッセ>でありつつ、大きくルート分岐したことで、ほとんど別人のように変化してしまっているのです。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 ファンタジー 35,511 位 / 35,511件
文字数 436,571 最終更新日 2022.04.13 登録日 2020.02.09
SF 完結 長編 R15
ここは、惑星<朋群(ほうむ)>。地球の日本とほぼ同じ面積を持つ標高一千メートルの台地の上には、様々な生物が生きていた。その中の一つ、ヒト蜘蛛(アラクネ)と仮称される生物は、与えられた名の通り、人間そっくりな部位を持ちつつクモを思わせる姿をした上位捕食者(プレデター)である。 その生息域においてはほぼ敵なしとも言えるヒト蜘蛛(アラクネ)の中に、<蛮(ばん)>と呼ばれる個体がいた。そしてその蛮(ばん)の傍には、一体のロボットの姿が。二腕四脚の異形のそのロボットを、蛮(ばん)はまるで従者のように従え、今日も覇道を突き進む。     筆者より    「未開の惑星に不時着したけど帰れそうにないので人外ハーレムを目指してみます(Ver.02)」に登場するヒト蜘蛛(アラクネ)の蛮(ばん)と彼の生涯を見守り続けたドーベルマンMPM四十二号機の物語です。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 SF 4,027 位 / 4,027件
文字数 110,243 最終更新日 2022.03.23 登録日 2021.12.17
<メイトギア>と呼ばれる人型ホームヘルパーロボット<タリアP55SI>は、旧式化したことでオーナーが最新の後継機に買い換えたため、データのすべてを新しい機体に引継ぎ、役目を終え、再資源化を迎えるだけになっていた。 なのに、彼女が次に起動した時にいたのは、まったく記憶にない中世ヨーロッパを思わせる世界だった。 要人警護にも使われるタリアP55SIは、その世界において、ありとあらゆるものを凌駕するスーパーパワーの持ち主。<魔法>と呼ばれる超常の力さえ、それが発動する前に動けて、生物には非常に強力な影響を与えるスタンすらロボットであるがゆえに効果がなく、彼女の前にはただ面倒臭いだけの大道芸に過ぎなかった。 <ロボット>というものを知らないその世界の人々は彼女を<救世主>を崇め、自分達を脅かす<魔物の王>の討伐を願うのであった。
24hポイント 7pt
小説 35,465 位 / 149,082件 ファンタジー 6,092 位 / 35,511件
文字数 116,764 最終更新日 2022.02.08 登録日 2021.06.10
連続妊婦殺害犯<ツェザリ・カレンバハ>は、いわゆる私生児だった。彼の母親は大きな力を持った商人の愛人の一人で、子供ができた時点で少しばかりの金を持たされて捨てられた。その後の母は、何人もの男の間を転々としながら彼を育てた。しかも次々と父親も分からない子を宿していたこともあり、彼の記憶にある母の姿はいつも大きな腹を抱えて面倒臭そうに自分を見る<売女>そのものだった。 母親は大きな腹を抱えて彼を奴隷のようにこき使った。糞の後で尻を拭かされたことさえある。それでも、普段から優しくしてくれたなら彼の方も大きな腹を抱えて尻を拭くのもままならない母の為にと思えたかもしれない。だが実際には、 「この為にお前を産んだんだよ! さっさとしろ!」 と怒鳴りながら命令したのだ。しかもすぐにやらなかったということで、暖炉の炭を掻き出す火かき棒で殴られもした。その時にできた額の傷を隠す為に髪を伸ばしているというのもある。 だから彼にとって腹の大きな女性は、自分を虐げ苦しめる<魔物>なのだ。彼の最初の標的は、自身の母親だった。しかも母親が彼に刺されて死んだ時、母親は赤ん坊を産み落とした。それを見たことで、彼にとって胎児は、<母親を魔物に変えた悪魔そのもの>という認識になった。 そう。彼にとって<妊婦殺し>は、魔物や悪魔を狩るという、<自らに与えられた使命>だったのだ。 彼は、『悪魔から人間を守る為に正義を執行していた』のである。     筆者より この物語に<救い>はありません。ただただ胸糞悪いだけです。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 ホラー 5,131 位 / 5,131件
文字数 102,317 最終更新日 2021.12.11 登録日 2021.09.08
私の名前は久遠観音(くどおかんね)、33歳。今年20歳になる娘を持つシングルマザーだ。『33歳で20歳の娘?』って思うかもしれないけど、娘はダンナの連れ子だからね。別に不思議じゃないでしょ。 世の中じゃ、『子連れ再婚は上手くいかない』みたいに言われることも多いみたいだけど、そんなの、<上手くいかない例>がことさら取り上げられるからそんな印象が抱かれるだけで、上手くいってるところは上手くいってんだよ。上手くいってるからこそいちいち取り上げられない。だから見えない。 それだけの話でしょ。 親子関係だって結局はただの<人間関係>。相手を人間だと思えば自ずと接し方も分かる。 <自分の子供>って認識には、どうにも、『子供は親に従うべきだ』って思い込みもセットになってるみたいだね。だから上手くいかないんだよ。 相手は人間。<自分とは別の人間>。自分の思い通りになんていくわけない。 当たり前でしょ? それなりに生きてきたなら、そのことを散々思い知らされてきたでしょ? 自分だって他人の思い通りになんて生きられないじゃん。 その<当たり前>を受け入れられたら、そんなに難しいことじゃないんだよ。 私は、娘からそのことを改めて教わったんだ。     筆者より。 なろうとカクヨムでも同時連載します。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 現代文学 6,611 位 / 6,611件
文字数 101,592 最終更新日 2021.04.22 登録日 2021.01.22
もう収集つかないくらいにとっ散らかってしまって試行錯誤を続けて、ひたすら迷走したまま終わることになりました。その分、「マイルドバージョン」の方でなんとかまとめたいと思います。 なお、こちらのバージョンは、出だしと最新話とではまったく方向性が違ってしまっている上に<ネタバレ>はおおよそ関係ない構成になっていますので、まずは最新話を読んでから合う合わないを判断されることをお勧めします。     なろうとカクヨムにも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 キャラ文芸 3,446 位 / 3,446件
文字数 645,883 最終更新日 2021.03.13 登録日 2019.08.18
僕は、<神>だ。 人間達は僕を<神>と呼ぶ。 だけど僕は、自分が何なのか知らない。確かに僕が思うだけで空は荒れ狂い地面は激しく揺れ、海が二つに割れることもある。 でも僕は、自分にどうしてそんなことができるのか、その理由を知らない。 僕は死なず、老いず、傷付かず、朽ちることがない。そうやって数万回、季節が巡るのを見守ってきた。 そんな僕を人間達は<神>と呼ぶ。 そう呼ばれることを僕は望んでもないのに、勝手にそう呼ぶんだ。 だから普段は、人間達の前には姿を現さないようにしていた。僕の気配を感じると人間達は勝手に、畏れ、崇め、敬うから。 やめろ…やめてくれ…… お前達がそんなことをするから僕はここから動けないんだ。人間達の<想い>が、僕をここに縛り付ける。 それを引きちぎって行くこともできなくはない。だけど僕はそれを選択できない。何故かって? 彼らが僕に<想い>を寄せることで、彼らは僕の<眷属>となり、彼らの<命>の一部を僕に預ける形になっているからだ。僕が彼らを見捨てていけば、彼らはその命を全うできずに死ぬ。 僕は滅ぶことのない存在だけど、だからこそ死ぬことができる彼らが羨ましい。 彼らが<死>を享受できることが妬ましいんだ。だからこそ僕は彼らに安易な死を与えたくない。不愉快だから。死ねない僕の前で死の安らぎを享受する彼らが許せないから。 生きろ。 人間達よ、生きろ。 生きることこそが、僕がお前達に与える<呪い>だ。 痛み、苦しみ、渇き、妬み、嫉み、悲しみ、憎しみを抱えて生きていけ。どうせお前達は、死ぬことでそれから逃れられるのだから。 けれど、最近、人間達は徐々に僕のことを崇めなくなっていった。僕を崇めなくても、何やら作物を上手く実らせる方法を見付けたらしい。 何かと言えば人間達が用意していた<生贄>もぱったり来なくなった。 おかげで僕は安穏とした時を過ごせていた。人間達に煩わされることなく。 なのにある時、大変な干ばつがあった。雨がまったく降らず作物は育たず、それは、大飢饉をもたらした。 僕は何もしてない。いや、もしかしたら何もしなかったから……かな? すると人間達はまた、僕の前に一人の女の子を寄越した。生贄だ。 ああ、もう、どうしてこうなるんだ…… こうして、僕と、生贄の少女<ヒャク>との日々が始まったのだった。
24hポイント 7pt
小説 35,471 位 / 149,082件 ファンタジー 6,084 位 / 35,511件
文字数 110,165 最終更新日 2020.12.25 登録日 2020.09.17
少女の名は、イティラ。ウェアウルフとウェアタイガーのハーフ。 けれどイティラは、混血の影響か、<鼠色の虎縞の獣人>という、ウェアウルフでもウェアタイガーでもない、しかも完全な人間の姿をとることも獣の姿をとることもできない半端者として疎まれた。 兄弟達は皆、ウェアウルフかウェアタイガーとして明確な形質を得たのに、彼女だけがなぜかどちらにもなれなかったのだ。 だから彼女は、僅か五歳で親に見限られ捨てられた。 イティラは仕方なく森で一人で暮らし始めるが、人間でも獣でもない彼女にとっては、野生の暮らしは決して楽ではなかった。 獲物を獲ることもままならず飢え、死を覚悟して横たわる彼女の前に現れたのは、人間の狩人、ウルイ。 ウルイも、人間でありながら人間嫌いで、しかし幸いにも狩りの才能があったことで、人間と距離を置くために狩人として人里離れた山奥で狩りをしながら暮らしていた。 これは、人間にも獣にもなれない獣人の少女が、何となくで一緒に暮らし始めた人間嫌いの狩人ウルイに恋をして、彼を射止めるために自己を確立していく物語である。     筆者注  これは、イティラが、自分を育ててくれたウルイを男性として愛して結ばれるまでの話です。<疑似親子が最終的に結婚する話>が苦手な人には向かないと思いますので、ご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 ファンタジー 35,511 位 / 35,511件
文字数 140,854 最終更新日 2020.09.16 登録日 2020.05.14
私の名はクォ=ヨ=ムイ。人間共が言ういわゆる<神>、いや、どちらかと言うと<邪神>か。 しかし、どうやら私は、敵対する何者かによってGへと変えられ、謎の洋館でサバイバルを行う羽目になってしまったようだ。 そこにはいかにも『訳有り』な男女が住み、Gを目の仇にする男や、他のG、ネズミなどといった者共を相手に戦いを繰り広げつつ、私はGとしての寿命をまっとうすることとした。 でなければ、私は、腹いせにこの宇宙そのものを消し去りかねない。 何を言ってるのかと思うかもしれないが、本来の私はそういう存在なのだ。 今はしがないGだが…… いずれにせよ、これはGとして生きることになった私の、生と闘争の記録である。     筆者より。 以前連載していた「JC邪神の超常的な日常」の中のエピソードを改めて長編としてセルフリメイクすることにしました。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 ファンタジー 35,511 位 / 35,511件
文字数 102,764 最終更新日 2020.08.08 登録日 2020.05.10
こんにちは。私の名前は、<クォ=ヨ=ムイ>。人間が言うところの<神様>かな。 あ、もしかしたら私のことを知ってる人もいるかもだけど、随分と印象が違う気がするかもね。でも、神様ってのはいろんな面があるからね。気にしちゃダメダメ。 ところで今回、私は、人間が何かと話題にしてる<転生勇者>と<俺TUEEE>とやらにちょっと興味があって、おあつらえ向きにトラックの事故に巻き込まれて死んだ陰キャ少年(名前なんだっけ? あ~、まあいいや)を、転生特典のチート能力を授けて異世界に送り出してあげたのよ。 で、彼がどこまでやれるのかを観察しようっていうね。 『酷い』? 『鬼畜』? ノンノン、神様相手にいまさらいまさら。 とにかく彼の<俺TUEEE>ぶりを見てあげてちょうだいな。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 ファンタジー 35,511 位 / 35,511件
文字数 152,915 最終更新日 2020.05.09 登録日 2019.12.25
<ここ>ではないどこかで世界にその名を轟かせた、セヴェルハムト帝国は、元は歴史こそ古くかつて存在した大帝国にその起源を持つ国ではあるものの内政も外交も三流以下でありながらプライドだけは天にも届くと言われ<西方諸国のお荷物>とさえ揶揄されるそんな歴史に縋ることしかできない落ちぶれた弱小国だった。それが、ある女性の登場によって文字通り生まれ変わり、起源となった大帝国に比肩するほどの隆盛を見せた。 しかしそれは、当時の王を篭絡し実権を握ったその女性による、苛烈とも評される果断な改革によってもたらされたものであり、それによって多くの人間が虐げられる結果となったのも事実だった。 やがてその女性は夫である王さえ追放し、女帝として徹底した独裁を行うにいたった。 それから十年。虐げられた人々の我慢は限界に達し、自分達を苦しめる悪しき女帝を打ち倒すべく蜂起、激しい内戦の果て、遂に女帝<ミカ=ティオニフレウ=ヴァレーリア>を捕らえることに成功した。 この物語は、<歴史上最も忌むべき悪女>とまで称された彼女が、ギロチンによる処刑のために広場へと引き立てられるところからは始まる…… 筆者より カクヨムとなろうでも同時連載します。
24hポイント 7pt
小説 35,471 位 / 149,082件 ファンタジー 6,084 位 / 35,511件
文字数 124,491 最終更新日 2020.03.29 登録日 2019.12.09
両親との出会いに恵まれなかった少年、鯨井結人は、実の母親とその交際相手の男からの苛烈な虐待を生き延びたサバイバーである。 実の親にも存在を望まれなかった彼はこの世の全てを呪い、憎み、敵視していた。 しかしその彼にとっても唯一の例外とも言える存在、鷲崎織姫によって命を救われたことで、彼の人生は大きく動き始める。 そして彼は、次々と出会う人々との交流を通じ、『凶獣』ともあだ名された獣の如き危険な存在から、人間としての在り方を取り戻していくのであった。     筆者より。 「9歳の彼を9年後に私の夫にするために私がするべきこと」で少し触れられた鯨井結人(くじらいゆうと)の物語です。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 現代文学 6,611 位 / 6,611件
文字数 119,852 最終更新日 2020.03.08 登録日 2020.01.31
織姫と彦星ってどうして女性と男性なの?  私、彦星亜瑠泰(ひこぼしあるた)は、女の子だけど織姫が好き。 だけど私はその想いを口には出せなかった。 口に出せないまま、織姫についつい意地悪を…… 「織姫と凶獣」に登場する鷲崎織姫にまつわる物語です。
24hポイント 0pt
小説 149,082 位 / 149,082件 恋愛 47,005 位 / 47,005件
文字数 12,295 最終更新日 2020.03.03 登録日 2020.03.03
48 123