其のまま地口・ぎんにゃ線

猫あるある+浮世絵企画第三弾。

江戸時代末期に活躍した歌川国芳絵師は、東海道五十三次の宿場の名前を猫に関係する言葉にもじった戯画「其のまま地口・猫飼好五十三疋」(そのままじぐち・みょうかいこう ごじゅうさんびき)を描きました。

地口(じぐち)とは語呂合わせの事です。 猫のあるあるやしぐさや動作などを、現代の駅の名前に当てはめたダジャレ企画です。

今回は東京都心部を走る、とってもおしゃれな銀座線です。

それでは銀座線の旅へ出発しましょう。
24hポイント 0pt
一般漫画 3,144 位 / 3,144 件 一般女性向け 735 位 / 735件