残酷な『カミサマ』の憐れな贄

生まれつき血のような色の瞳と不明な身の上から、村人に忌み嫌われていた青年、愁は、ある雪の日に一人の少年と出会う。
その少年の面差しは、かつて愛した女性に、瓜二つだった。
少年に女性と同じ名前を付け、共に暮らすことにした愁だったが…この少年との出会いが良かったのか、悪かったのか…この時の愁にはわからない。
その答えは、十年後…――

――禍だ。お前は禍の子だ…!――
24hポイント 0pt
漫画 2,130 位 / 2,130件 一般女性向け 560 位 / 560件