上 下
3 / 3
幼少期

幼少期 二

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

堅他不願(かたほかふがん)

 史実の則天武后は徹底的な能力主義者であり、冷酷な合理主義者でもあったそうですが、案外ご作品にあるような幼年期のトラウマが元かもしれませんね。