マスケッター

マスケッター

アルファポリス、カクヨム、ツイッターで活動中のおっさんです。エロ小説から純文学までなんでも見境なく読み書きします。
13
 剣と魔法と祈りとハンマー、ガロッド達四人組の冒険者は退屈な日常を捨てて富と名声を求める遍歴を重ねていた。  第一章 野辺送るアコーディオン  辺境の村はほとんど人がおらず、唯一いた老人は偏屈だが一夜の宿を貸してくれた。その晩、一同は奇妙な事件に巻き込まれた。  第二章 日陰の毒草  旅を続ける内に、キェルヒエーネは美しい草花を目にする。それは恐ろしい猛毒を備えていた。ほどなくして、一同はとある若者達にふりかかった陰謀にかかわることになった。  第三章 蛙どもの夜  流浪を続けるガロッド一行は、夜にさしかかって出くわした湿地での野営を決める。何故かキェルヒエーネは頑なに嫌がった。  第四章 誕生日のケーキ(第一章~第三章より少し前のお話になります)  ログロッタを離れ、若き魔女として孤独な冒険を続けるキェルヒエーネ。ささやかなセルフ誕生日祝いに乱入者が……。  ※時系列としては、一部を除き『根なし草の勲』の第一部と第三部の間となります。  第五章 ヒグラシの挽歌(本編・スピンオフ含めて一番古いお話です)  高徳の僧侶として知られるオッドジョン。かつては冒険僧侶として血沸き肉踊る日々を過ごした彼は、冒険者を引退して静かに精進を重ねていた。そこへ、かつての仲間だったベアルが現れる。彼はオッドジョンの守る神々の秘儀を手に入れようとしていた。  本編はこちら↓ https://www.alphapolis.co.jp/novel/379569417/436267044
24hポイント 519pt
小説 1,679 位 / 49,219件 ファンタジー 528 位 / 16,280件
文字数 92,180 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.06.15
 第1部 双葉色の媚薬  ログロッタ市に住む名ばかり貧乏貴族の三男、ガロッド・フレイワートは家族に疎まれつつも槍一本で出世する野心を抱いていた。恋人にして裕福な商人の娘、レゼッタにそれを打ち明けた彼だが、自分達のいる街に恐るべき呪いの魔手が迫る。  第2部 誕生日とラベンダー  魔女キェルヒエーネは相棒のガロッド(第1部参照)と共に気ままな冒険を続けていた。ある日、束の間の休息を求めて入った居酒屋で歌姫の歌に耳を傾ける内に昔の思い出が蘇る。ガロッドと会う数年前、彼女はログロッタ市で紡績工房に出資する裕福な商人の娘だった。それもまた、束の間の人生だった。  第3部 レシュールの渇き  剣と魔法と祈りとハンマー、ガロッド達四人は気ままな冒険を続けていた。  そんな彼らがいる世界に、混沌の神ゲロスタが目をつける。一度は軍神に敗れて宇宙の彼方に追放されたゲロスタだが、打ち続く戦乱が軍神の力を浪費させていた。
24hポイント 725pt
小説 1,269 位 / 49,219件 ファンタジー 410 位 / 16,280件
文字数 258,090 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.05.06
ホラー 連載中 長編 R15
 第一章 騎士と魔女、中世ドイツ  中世ドイツ。ローテ子爵の四男ハインツは冷や飯食いの貧乏騎士ながらも戦場で手柄を立てた。彼は自分が討ち取った騎士から謎めいた言葉を受け取る。それこそ、ハインツの人生を狂わせた呪いの始まりだった。  第二章 失踪と取り立て、現代日本  しがないポンコツビルのオーナー、赤野は滞納常習者の馬場に追い込みをかけた。途中、古美術商を名乗る銭居(ぜにい)なる女性と合流し馬場の部屋に入る。彼の姿はなく、一枚の絵が部屋に残されていた。  第2回ホラー・ミステリー小説大賞参加中! ご投票下さると大変嬉しいです。
24hポイント 455pt
小説 1,835 位 / 49,219件 ホラー 48 位 / 1,910件
文字数 41,841 最終更新日 2019.06.26 登録日 2019.05.31
恋愛 連載中 短編 R15
 あたしにだけお下がりばっかりあてがう癖に夜会ざんまいの両親。爵位もない貴族が見栄を張って最新流行の夜会服をいつも着ていく。それをこっそり家で仕立ているのがあたし。  兄弟姉妹はとうに家を出ていて、あたしだけが両親の服の手直しをしながら残っている。そんなある日、街中でいさかいを起こした筋肉バカがあたしの家に招かれて……。
24hポイント 1,208pt
小説 864 位 / 49,219件 恋愛 376 位 / 11,698件
文字数 30,280 最終更新日 2019.06.26 登録日 2019.06.10
恋愛 完結 短編 R15
 小森 絵里は文系の大学生。初夏の雨の日、担当教授とおぼしき人物と共に植木の世話をする理系の同期生、棚原 勇を目撃する。  その日の帰り道、別な同期生の川本に絡まれた彼女は勇に助けられた。  それがきっかけで、絵里は勇にほのかな関心を寄せ始める。しかし、彼は絵里の友人の文香と付き合っている噂があった。
24hポイント 14pt
小説 12,058 位 / 49,219件 恋愛 4,002 位 / 11,698件
文字数 17,177 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.15
 明美は日本の地方都市に住む高校一年の少女。趣味として小説を書いているが、筋に行き詰まって家の近くにある河川敷公園へ行き、そこで奇妙な事物を目撃する。青い背広を着た美しい男が、彼女に背を向けて花壇に向かってしゃがみ、何かをしていたのだ。男は去ったが、明美は花壇を少し眺めただけで去った。  それ以来、彼女は少しずつ奇怪な出来事に巻き込まれていった。  第2回ホラー・ミステリー小説大賞参加中! ご投票下さると大変嬉しいです。
24hポイント 85pt
小説 5,180 位 / 49,219件 ホラー 117 位 / 1,910件
文字数 39,041 最終更新日 2019.06.15 登録日 2019.05.31
ファンタジー 完結 ショートショート R15
 無実の罪で宮廷を追い出され、わびしいスローライフを細々と送っていた私。畑を荒らすウサギを罠で仕留め、せめてささやかな焼き肉をと思っていたところへ息子がきた。私を見捨てた息子が。
24hポイント 134pt
小説 4,114 位 / 49,219件 ファンタジー 1,251 位 / 16,280件
文字数 2,551 最終更新日 2019.06.11 登録日 2019.06.11
 高度経済成長期。とある山村に住む兄妹が、山中を走って逃げていた。妹が時代錯誤な人柱にされようとしたのを受けて決心したものだ。その途中、兄妹は崖から転落して二人とも行方不明となった。  現代。芳男と由香の伊原夫妻は温泉旅行に来ていた。温泉宿にセットしたはずのカーナビは宿のある山村の手前にかかる霧雨橋で到着を告げる。そこはかつて兄妹が転落した場所だった。  第2回ホラー・ミステリー小説大賞参加中! ご投票下さると大変嬉しいです。
24hポイント 85pt
小説 5,180 位 / 49,219件 ホラー 117 位 / 1,910件
文字数 21,334 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.05.31
恋愛 完結 ショートショート R15
 高校時代、バイト先の飲食店にきた女の子に同じ高校の同級生がいた。その子は予備校生の彼氏に二股をかけられていて、結局別れた。  元彼になったそいつは二股の一方を殺して刑務所行きとなる。  残った方の子と仲良くなって結婚したら、仮釈放されたそいつがつきまとい始めて……。
24hポイント 7pt
小説 14,111 位 / 49,219件 恋愛 4,733 位 / 11,698件
文字数 1,501 最終更新日 2019.06.09 登録日 2019.06.08
恋愛 完結 短編 R15
 裕福な商人の親が自分達の箔づけにするべく貧乏伯爵に嫁がされた私。  夫は狩りに夢中で家にいない、夫の姉はドケチで潔癖なのが災いした行き遅れ。  それでもじっと耐える自分、偉いぞ! と思っていたら……。
24hポイント 21pt
小説 10,364 位 / 49,219件 恋愛 3,538 位 / 11,698件
文字数 18,189 最終更新日 2019.06.08 登録日 2019.05.27
 ルウォールは、街の衛兵の目をかすめて食塩を密売する塩どろぼうだ。ここは塩を専売して一部の人々だけが暴利を貪る街、ソリフィ。空気が乾燥してひっきりなしに身体から塩分が抜けて行く反面、海から遠いこの街では食塩が純銀並みの値段を持っていた。ある日、ルウォールがいつものように仕事をしている最中に突然一人の女の子に話しかけられ……。  堂々完結! ご愛読ありがとうございました!
24hポイント 7pt
小説 14,111 位 / 49,219件 ファンタジー 3,995 位 / 16,280件
文字数 64,534 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.05
 あたしは可愛い街のお掃除娘、ルビ・レーゼ。いつか素敵な王子様と玉の輿……と思っていたらバッタリ会っちゃった! その時、あたしは起きてるはずなのに遠いいつかの夢を見た。ななななんと! 王子様も同じように夢を見ていた! 詳しい話をする前に、いつもあたしにつきまとう包帯男のお邪魔虫が茶々を入れて……。  堂々完結! ご愛読ありがとうございます!
24hポイント 28pt
小説 9,066 位 / 49,219件 ファンタジー 2,408 位 / 16,280件
文字数 69,050 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.05
 大阪夏の陣から数年後。江戸の片隅にあるうらぶれたコウモリ長屋に一人の若者が現れた。入居を希望する彼を、氏素性があやふやなことから大家の五兵衛は断ろうとした。そこへ同じ長屋の住人であるドラ浜とおしのが現れ、二人の口添えで五兵衛は渋々同意する。しばらくして、長吉はドラ浜から博打に誘われた。  ※現在、第5回歴史・時代小説大賞参加中です。読者選考期間中にて、皆様何卒ご投票お願いいたします。
24hポイント 0pt
小説 49,219 位 / 49,219件 歴史・時代 742 位 / 742件
文字数 10,878 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.28
13