上 下
20 / 103
【4】名もなき朝の私《さよなら、先生》

さよなら、私の心を占めていた人 でも永遠に片隅にいて

しおりを挟む
しおりを挟む