上 下
1 / 1

夢、そのあまりに苦い記憶、そして痛み

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(2件)

糺
2019.09.22

悪夢に魘されたことが有りますか。
繰り返し似たような苦しみに苛む夜を過ごした日々が有りますか。

目を閉じると。意識が薄れると。金縛りと脂汗で脳髄が奈落に沈むような後悔と絶望感に脅かされ眠れない夜。

重石を結ばれて沼に投げ込まれたような眠り……。

人は人の構築した仕組みや創造物に依らないと満たされない唯一無二な生き物です。
それが果たして万物の霊長として、この世を率いる価値があるのかどうか。

満たされぬ想いを産み出すのも人。
疑問や苦悶を自ら創り出し、自ら悩み命を断ち、同族を思念のみで殺めるのも人。

抗えない時間と今生生涯の二つの濁流に呑まれながら生きる、ほんの僅かな明滅には数億の想いが渦巻いています。

各々が産まれ落ちる環境は選べませんが、そのなかで心底から喜んだり笑えたりする触感をずっと皆が持てるように。維持できるように。
そう願い祈る心根だけは失くさないように。生きたい。生きたかった。

安らかに眠れる一日を珠玉と感じる日々を一人でも多くの人に、一日でも多く過ごして欲しいと思います。そんな想いを痛感しました。

TONI
2019.09.20 TONI

自然界などで、良く
「間引き」という表現が使われることが、あります。例えば竹林の一部を間引きする、というような…私も一時期、似たような感情に苛まれていましたが、いつの頃からか「人間も自然からすると、間引きされる対象なんだ」と都合よく自分に暗示をかけるようになりました、しかしそういう思考が負のスパイラルの始まりであり相克という無限地獄に陥るようになってしまいました、それからですね、今では切っても切れない「友」にするように心掛けましたよ。皆が皆、そういう闇を克服する上で、その闇を「友」という関係性にまで昇華することができるのなら、どれだけ自分の目の前に広がる景色が変わるのだろうか?と過去毎日のように考えていた事を思い出してしまいました。