EMPTY DREAM

藍澤風樹

文字の大きさ
上 下
5 / 13
吸血鬼幻想

吸血鬼の噂

しおりを挟む

「吸血鬼が、また現れた」

ふと耳に入ったその一言が、グラスを持つラルクの手を止めた。

辺境の小さな村にある小さな酒場。
どこにでも落ちこぼれはいるもので、朝から酒を提供してくれるその酒場は、村のあぶれ者が溜まるには恰好の場所だった。
昼間から酒を食らって、猥雑な話に興じては下卑た笑い声をあげる。
その酒場の存在に眉をひそめる者もいるが、夜ともなれば仕事を終えた村人が一杯やりにふらりと訪れる安息の場でもある。
そして、この村を訪れる数少ない旅人の息抜きの場と情報源としても。
一日の出来事や噂話も、酒場で耳を傾けていれば嫌でも手に入るのは、どの村や街でも共通なのだ。

「吸血鬼が出たんだ」

深夜になっても活気が溢れ返っていた店内も、一人の村人がもたらしたその言葉で一気に水を打ったように静かになった。

また、犠牲者だ……!

喉を切り裂かれ全身の血を抜かれている。
今度の犠牲者は、村長の甥御さんだ!!
流石に今度ばかりは、業を煮やした村長が吸血鬼ハンターを雇うらしいぞ。

口々に叫ぶ村人達のやりとりを、黒いコートの男がカウンターの隅で聞いている。
黄金色の髪と眼を持つこの余所者が酒場に入ってきた時、女達はその美貌に歓声と溜め息をあげ、男達は因縁をつけて身ぐるみ剥いで叩き出そうと目論んだが、長身の男──ラルクの眼光を浴びただけで腰が抜けてしまい、カウンター席の奥に座る事を許してしまった。
それでも何人かはちらちらとこの美しい旅人から目を離さなかったが、突如飛び込んできたニュースのお陰で、今はそれどころではなくなった。

陽が落ちてから街道を歩き通し、軽い休息の為にこの村を訪れただけのラルクも驚きだ。
たまたま立ち寄った酒場でこんな言葉を聞こうとは。

(吸血鬼が、この村に……ね)

一寸興味がわいた彼は、カウンターの中にいるマスターにどういう事なのか尋ねてみた。
髭面のマスターはラルクの顔に一瞬見とれて柄にもなく顔を赤らめた後、咳払いして説明してくれた。

この半年と言うもの、週に一度のペースで、村人が殺されている、と。
最初の犠牲者は、村外れの森で逢い引きしていた若い男女だった。
二人とも喉を切り裂かれ、全身の血が無くなっていた。ただの怨恨による殺人事件かと思いきや、次の週に仕事帰りの農夫が殺された。
手口は全く同じ。遺体が発見されたのも同じ、村外れの森だった。
その次は、森の近くに一人暮らししていた老婆。そして次は……
とにかく、老若男女関係なく、次々と襲われている。
すべて財布や金目のものには手を付けておらず、金目当てではない。
服は所々切り裂かれてはいるものの、これは犯人に抵抗した際に付けられたものと判断した。
だが、喉の傷といい、服の切り裂き方といい、刃物でと言うよりも獣の爪で付けられたような傷だと医者が診断を下すと、村人達に一つの恐ろしい仮説が持ち上がった。

喉の傷
抜かれた血液
鋭い爪の切傷
森に引きずり込まれる犠牲者

吸血鬼の仕業だ……!

妖物や魔術が信じられるこの時代、疑う者は居なかった。
こんな恐ろしいこと、人間の仕儀ではあり得ない。
古来より恐れられる邪悪な魔物が、事もあろうにあの森に棲み着いた……!!

その後、犠牲者が増えるに連れ村人の恐怖心は増し、吸血鬼の存在はもはや真実となっていたのだ。

「あんたがもっと前に村に現れてたら、絶対疑われてリンチに掛けられてたぜ」

冗談めかしてマスターは笑ったが、目の中にかすかに怯えの色が見えた。
確かに、ラルクの美貌と言い、雰囲気と言い、そこらの旅人とはどうみても一線を画している。
目映い金色の髪と同じ色の瞳で更に輝くその美貌、そして細身の身体に纏うは夜空より昏い黒のコート。
天使か死神か、と錯覚してしまいそうなほど、あまりに異端な旅人だ。
最初に男共が突っかかってきたのは、吸血鬼へのあまりの恐怖心からだったのかもしれない。

一度、日中に森の中を自警団が調査しに行ったのだが、誰一人帰ってこなかった。
そこでとうとう村長は意を決して、吸血鬼ハンターを雇うことにしたらしい。
ハンターの数が少ない上に戦う相手も生半可な者ではないため、報酬は高額に上り、容易に頼めるものではない。
それこそその支払いだけで村が破産しかねない。
だが、このまま手をこまねいていては村は吸血鬼に滅ぼされてしまう。
そこへ今日の惨劇だ、とうとう村長も決心した。
明日の夕刻には、腕利きと評判の高いハンターが村に到着するそうだ。

話を聞いていると、果たしてそれが『同族』の仕業かどうか、ラルクには分からなかった。
吸血するだけなら、牙を突き立てれば良いだけではないか。
何故、喉を切り裂いて貴重な血液をぶちまけるようなことをする?
吸血鬼に見せかけた愉快犯という気がしないでもない。
だが、血の渇きからと言うよりも、人の恐れ、怯え、泣き叫ぶ姿を見たいが為だけに人間を惨殺する吸血鬼もいる。
話だけでは判断できない。

(面白そうだな)

この村は単に通りがかっただけで、明日の夜になったらすぐに出発するつもりだったが、気が変わった。
この事件を見届けてから旅立っても遅くはないだろう。
どうせ時間は有り余っている。
永遠の命を持つ吸血鬼には。

ラルクはグラスに残っていたワインを一息に飲み干すと、金貨をマスターに放り投げて立ち上がった。

「お、お客さん?! こんなの、貰い過ぎ……!」

マスターの動揺を無視して彼は扉へと向かう。
酒場の入り口側に陣取ってだべっていた柄の悪い男共が一斉に、まるで王者を送り出すかの様に二つの列へ分かれ、開かれた道を彼は悠々とした足取りで歩み去った。
女達の欲望と男共の敵意をその背に受けながら。
しおりを挟む