上 下
28 / 298
第2章 手始めに足元から

27.我が治世に貢献すればよい

しおりを挟む
しおりを挟む