港西高校山岳部物語

小里 雪

文字の大きさ
上 下
24 / 36
第2章 一本取ったり、武器を忘れたり、キジを撃ったり、デポされかけたり。

12. ぼくは、少しだけ自由を手に入れたのかもしれない。

しおりを挟む
しおりを挟む