上 下
1 / 1

アスペルガー先生がナチス党員だった件。命の選択。

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

岐阜の人
2021.09.26 岐阜の人

聞いた話ではアスペルガー自身は直接的なナチスの党員では無くてナチスの下部組織の確か「国家社会主義ドイツ医師連合会」見たいなのに加盟をしていただけだった様な気がします

まああの時代ドイツでナチスに協力的でなければよくて村八分悪ければスパイで強制収容上送りに成ります故に彼の選択は別に可笑しくはないと思いますよ

あの時代の障碍者と呼ばれた人は非常に肩身が狭かったんですよね・・例えば妖怪の座敷童も金持ちの家の障害を持った人がモデルだという話もあります

・・まあ今でもそうですが其れ以上に昔は厳しくて「何故普通の人の生活より劣る障碍者の援助をするんだ可笑しいだろ」という風潮が存在して居たんですよ

だからこそ博士は未だあの時代から見れば優しい人だったんじゃないのかなと個人的に思います

みっちゃん
2021.09.26 みっちゃん

感想コメントありがとうございます!戦時中でもない現代日本でも、差別はなくならないのだから根深い問題です。発達障害の子をもてあまし、アスペルガー先生に子供を引き渡した親も沢山いたとのこと。彼らは、子どもが命を落とすかもしれないと薄々分かっていたようです。彼の行動により生き残れた、おばあさんがインタビューに答えていました。その方の妹は、選別により、才能なしとして別の施設に送られクスリを打たれて亡くなったそうです。命の選別が実際に行われていた事実に衝撃を受け、エッセイをかいてみました。知識不足で申し訳ないです。コメントありがとうございました!