宵闇王と精霊の竜刀

火の無い灰

文字の大きさ
上 下
9 / 37
3章【闇の顕現、とある変化】

行間 ‐脈動の兆候‐

しおりを挟む
しおりを挟む