トップ>書籍>ゲート2
ゲート2 文庫本はこちら 文庫本はこちら
アルファポリス

ゲート2

自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり <炎龍編>

柳内たくみ /

Daisuke Izuka / 装丁

自衛隊空挺団、帝都奇襲!

銀座事件の賠償をめぐり、「異世界」を統治する帝国側と日本政府の交渉はなかなか進展を見せずにいた。一方、伊丹耀司ら陸自偵察部隊が拠点とする、『門(ゲート)』周辺は、両世界の人々を繋ぐ交流の場として栄え、その絆は次第に深まっていく。そんな中、炎龍に父親を殺されたエルフ、テュカがその後遺症により心を錯乱させていった。その姿に伊丹は炎龍退治を決意。そして命がけの激闘が始まった――超スケールのエンタメファンタジー!待望のシリーズ第2弾!

■単行本 ■定価1,700円 + 税 ■2010年08月08日発行
立ち読みする(PDF)
Amazon 楽天ブックス セブンネット honto

原作公式サイト

お知らせ

CHECK!

  • あらすじ

    20XX年。東京銀座に突如現れた「異世界への門」。

    門の向こう側『特地』には、手付かずの潤沢な資源、

    そして、栄華を極める巨大帝国の存在があった。



    銀座で無差別殺戮を引き起こした帝国側に対し、

    自衛隊の圧倒的な軍事力を後ろ盾に賠償交渉に

    乗り出した日本政府。そんな日本の動きを警戒しつつ、

    『特地』の利権確保を目論む米・中・露諸外国。

    『門』内外でそれぞれの思惑が複雑に交錯し始める。



    その一方で、オタク自衛官伊丹耀司ら特地偵察部隊

    が拠点とする『門』周辺のアルヌスの丘は、両世

    界の人々を結ぶ交流の場として栄え、その絆は次第

    に深まりつつあった。



    そんなある日、伊丹は、巨大炎龍に父親を殺された

    エルフのテュカがその後遺症により精神の錯乱に陥

    っていることを知る。その痛ましい姿を前に、伊丹は

    自らの責務を放棄し、テュカを救うべく炎龍撃退に

    立ち上がる。そして命がけの壮絶な激闘が始まった――



    超スケールのエンタメファンタジー!

    待望のシリーズ第二章、開幕!

  • シリーズ9万部突破!前2作も好評発売中!












    ゲート1










    「ゲート
     自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり<1.接触編> 柳内たくみ 著









    20XX年、突如として東京銀座に「異世界への門」が開かれた。中からあふれ出た鎧や剣で武装した「異世界」の軍勢と怪異達。阿鼻叫喚の地獄絵図。陸上自衛隊はこれを撃退し、門の向こう側『特地』へと足を踏み入れた。およそ自衛官らしくないオタク自衛官、伊丹耀司二等陸尉(33)は部下を率いて『特地』にある村落を巡る…異世界戦争勃発!ネットで人気のファンタジー小説、待望の書籍化!







    ゲート2




    「ゲート
     自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり<2.炎龍編> 柳内たくみ 著









    銀座事件の賠償をめぐり、「異世界」を統治する帝国側と日本政府の交渉はなかなか進展を見せずにいた。一方、伊丹耀司ら陸自偵察部隊が拠点とする、『門(ゲート)』周辺は、両世界の人々を繋ぐ交流の場として栄え、その絆は次第に深まっていく。そんな中、炎龍に父親を殺されたエルフ、テュカがその後遺症により心を錯乱させていった。その姿に伊丹は炎龍退治を決意。そして命がけの激闘が始まった――超スケールのエンタメファンタジー!待望のシリーズ第2弾!

著者の他の書籍

単行本 文庫本 COMICS