11
月の神に守られ砂漠を統一した王国に、銀色の瞳の楽師がやって来る。不思議な楽器を奏でる謎の楽師と、王宮の人々との物語。
24hポイント 8pt
小説 2,009 位 / 18,622件 ファンタジー 696 位 / 6,991件
『水面の月を抱く国』の番外編です。3話構成で、3人の女性の恋愛モノになっています。
24hポイント 3pt
小説 3,119 位 / 18,622件 ファンタジー 1,061 位 / 6,991件
『水面の月を抱く国』の続編です。ついにオドナス王国の世継ぎが決まった。悲劇が始まり、世界の秘密が明かされる。
24hポイント 3pt
小説 3,119 位 / 18,622件 ファンタジー 1,061 位 / 6,991件
恋愛 完結 長編 R18
私は閨《ねや》では石のような女だと言われていた――。 月の神に守られ、広大な湖の恵みを受けた砂漠の王国オドナスは、若い国王の下で繁栄の道を歩み始めていた。その王妃タルーシアは、一度目の結婚で心身ともに傷を負い、新しい夫にも心を開けずにいた。その一方で、彼女は神殿の神官長の穏やかな優しさに癒されて、心を寄せるようになる。しかし封印しようとした過去は再びタルーシアの前に立ち塞がった。その時、彼女は初めて自分の本当の願いを知り、同時に自身の本質を知るのだった。
24hポイント 8pt
小説 2,009 位 / 18,622件 恋愛 861 位 / 4,958件
恋愛 完結 長編 R18
二人が身も心も結ばれるのに、もう何も障害はないはずだった――。 砂漠の大国オドナスの国王が代替わりして五ヶ月、女王となったリリンスは多忙な日々を送っていた。未熟だからこそ懸命に務める彼女は、親衛隊長として傍に仕えるナタレを心の拠り所としていた。しかしナタレは、リリンスを見守りながらもなぜか彼女に触れようとはしなかった。長い時間をかけて互いの想いを確かめ合ったはずなのに――恋人の真意が分からず、リリンスはひとり悶々とする。一方、ナタレの悪友フツは、そんな二人の状況に痺れを切らせて一計を案じた。 『淫蕩な』王家の血を引く快活な女王と、生真面目で奥手な親衛隊長は、めでたく本物の恋人になれるのだろうか。
24hポイント 9pt
小説 1,893 位 / 18,622件 恋愛 796 位 / 4,958件
恋愛 完結 長編 R18
『月下香亭』、それはアルボレダ王国でもっとも豪華で高級な娼館である。外の世界とは隔絶された花園、巨大な温室のようなこの館では、花の名前をつけられた遊女たちが夜ごと艶やかに客を迎えていた。 十歳でこの娼館に売られたサラは、遊女見習いとして働きながら、客と遊女たちの人間模様を見る。様々な人々の想いが交錯する中で、彼女は恋をし、傷つき、やがて守りたい大切な人を知るのだった。 しかし、華やかな温室の外の世界は、ゆっくりと没落の時を迎えようとしていた――。
24hポイント 11pt
小説 1,683 位 / 18,622件 恋愛 706 位 / 4,958件
一言で言うと、真衣はずぼらな女だった。その明るい大らかさに、僕は癒されていたはずなのに――一緒に暮らし始めると、彼女の無神経さは徐々に僕の神経を苛立たせた。 彼女を『片付けて』しまった後も、彼女の気配だけがいつまでも付きまとう。それは僕の日常をじわじわと浸食していった。
24hポイント 0pt
小説 18,622 位 / 18,622件 ホラー 705 位 / 705件
吸血鬼の存在が認知された現代日本。大学を卒業した私、蓮村 絹は、就職予定の大手企業から突如内定を切られ、途方に暮れていた。生活費と奨学金返済のため、やむを得ずアルバイトをすることになった先は、吸血鬼の捕獲・駆除専門のNPO法人。お姫様体質の代表理事に、一見穏やかなイケメン上司、口は悪いが常に眠そうな同僚、そしてもう一人……個性の強いスタッフに揉まれつつ、私は今日も吸血鬼=『特種害獣』を追いかける。
24hポイント 6pt
小説 2,330 位 / 18,622件 ファンタジー 796 位 / 6,991件
恋愛 完結 長編 R18
「妻の絵のモデルになってくれないか」夜の街で俺にそう声をかけてきたのは、彫刻めいた容貌の男。高額のバイト代に釣られ、俺は郊外の屋敷に通い始める。そこで待っていたのは、夫から偏執的に束縛され、幽閉同然の生活を送る美しい女だった。二人の異様な夫婦生活を覗き見た俺は、彼女に心惹かれ、そして恐ろしい事実に気づきはじめる。 ホラーサスペンス色が強めです。
24hポイント 4pt
小説 2,774 位 / 18,622件 恋愛 1,169 位 / 4,958件
私のところに出てくれば何度だって殺してやるのに。あの女の幽霊に、夫は今日も怯えている。あの執念深い女は夫にだけ姿を見せて、彼の心を占有しようとしている。まるで私を見下すような薄い笑みを浮かべながら。彼女は夫の妄想なのか、それとも私の夢なのか――。湿った夏の風が風鈴を揺らす度、赤い蝶は夢とうつつの間を行き来する。
24hポイント 0pt
小説 18,622 位 / 18,622件 ホラー 705 位 / 705件
 母方の生家は地元で有名な旧家だった。   距離の近すぎる親戚関係を嫌って故郷を離れた私は、祖母の危篤を知って十年ぶりに帰郷した。訪れた病院で、同じく見舞いにやってきた従妹の祥子と再会する。高校生になった祥子は天真爛漫で、こんな時にもかかわらずデートの約束をしているらしい。  「忘れ物を取りに帰りたい」と頼まれた私は……。
24hポイント 0pt
小説 18,622 位 / 18,622件 ライト文芸 166 位 / 166件
11