なか

なか

趣味で小説を投稿しております。 1人でも読んでくださる方がいれば、それに勝る喜びはありません。 アイコンはみゆまる様に描いて頂きました。

著者プロフィール

滋賀県在住。2023年『辺境伯様は聖女の妹ではなく薬師の私をご所望です』(アルファポリス)を出版。実家で飼う猫と柴犬と会うのがなによりも楽しみ。趣味は読書と散歩。
2
レジーナブックス
死んで目覚めたら三年前!?

死んだ王妃は二度目の人生を楽しみます

お飾りの王妃は必要ないのでしょう?

なか /
孤独に死んだと思ったら――三年前に巻き戻り!?

国王の愛を側妃に奪われ、政務だけをやらされてきた王妃カーティア。ついに病に倒れて、短い人生を孤独に終えた――はずだったが、目覚めたら三年前に時が巻き戻っていた。せっかく与えられた二度目の人生は自分のために生きると決めたカーティアは王妃の立場を投げ捨て、国を出る。外交でその手腕を発揮し、他国からの引く手あまただった彼女は、自由の保証と引き換えにアイゼン帝国の皇帝と契約結婚をすることに。お城の片隅で悠々自適なスローライフを送っていたら、王妃を失って政治が混乱した祖国がカーティアを連れ戻しにやってきて……。 陰謀と運命を乗り越え、カーティアがつかんだ本当の愛とは――!?

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2023年11月05日発行
レジーナブックス
薬師令嬢、人生大逆転!?

辺境伯様は聖女の妹ではなく薬師の私をご所望です

なか /
不幸な薬師令嬢の人生大逆転!?

聖女である妹と比較され、ずっと父親から虐げられてきた令嬢リーシャ。生きる意味も感じられず、亡き母親に託された夢である秘薬の生成に取り組んでいた。そんなある日、彼女はついに聖女にしか生成できないはずの薬を創り出すことに成功する。その矢先、聖女に助けを乞いに来た辺境伯シュラウドにその実力を見出され、あれよあれよと辺境伯領へと旅立つことに。魔獣の襲撃に脅かされていた辺境伯領の様子と、初めて彼女を評価してくれたシュラウドのために一念発起したリーシャによって怪我人は瞬く間に減り、ついでになぜか襲撃自体も減っていくように。すべてが順調な中、優しく気高いシュラウドにリーシャは心惹かれていくが――

■単行本 ■定価1,320円(10%税込) ■2023年07月05日発行
2