1
現代文学 連載中 長編 R15
君は身籠っている。 恋人である僕と血の繋がっていない命を、君はその身に宿している。 透明感のある白く長い髪と燃え盛る炎の様に真っ赤な瞳を持つ君の名前はイヴ、僕の最愛の恋人だった。 「いつか消えてしまいそうだ。」 そんな僕の言葉に君は何処にも行かないよと微笑んだ君は、その日の夜に飛び降り自殺を行いその命を散らせた。 イヴは亡くなる寸前にその命をふたつに分けて、再びこの世界に生まれ落ちた。 「おやすみ、イヴ。 また巡り合おうね。」 これは僕が再びイヴと出逢う為に、ふたつに分かれてしまった彼女をひとつにする物語。
24h.ポイント 0pt
小説 21,320 位 / 21,320件 現代文学 649 位 / 649件
登録日 2021.11.26
1