福山ともゑ

福山ともゑ

三度の飯より妄想に想像するのが好きです。すぐ時間が経ってしまいますね。。。
49 123
BL 完結 ショートショート R18
学生時代の仲間が集まりオーストラリアで過ごしていた。その楽しさも、また過去となる。一人、また一人とオーストラリアから居なくなる。 卒業と言う言葉で、過去となる。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.02.27
BL 完結 短編 R18
大学3年生を間近に控えた雅治(みやび おさむ)は、春休み、宿題を出され帰省を余儀なくされてしまった。 恋人であり同棲相手でもある大学の体育学部の田村教授と共に。 もちろん住む所は、母も住んでる実家だ。 その帰省中、ある事件が起きた。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.03.03
新潟県の山奥に位置する場所だが、JR駅もあればローカル線も走ってる某市。 その高校は、新潟県私立田村学園高等学校。 その高校の陸上部で名を馳せた二人の話だよ。 一人は陸上部顧問だが、もう一人は陸上部部員なんだ。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 青春 1,076 位 / 1,076件
登録日 2017.03.13
BL 完結 短編 R18
登場人物が多いですが、ご容赦お願いします。 ここは東京。 都内の一角では、花見ライブをやろうと練習に練習を重ねて、ライブの日を迎えた。 その場所は、ライブハウス『violet perle』(ヴィオレ・パルル)の2階。 ベーシストのアキは、知り合いであるコウジに声を掛けていた。 そのコウジは、アキの喜ぶ顔が見たいがために、ある人物を招待していた。 そのライブと同じ日。 同じ東京都内で、宴が執り行われていた。 そこの招待客には、各国からの財政界の要人たちが集まっていた。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2017.03.19
BL 完結 短編 R18
元宗義博(よしひろ)の父親の弟の家に、男の子が生まれた。 その子の名前は、元宗優(すぐる)と名付けられた。 ヨシにとっては可愛く、かけがえのない存在だ。 一方のスグルは、隣家の西條病院の双子の手に育て上げられていた。と言っても過言では無かったほど、手を掛けられていたのだ。 その双子の弟の健志と、優のお話です。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2017.04.05
BL 完結 短編 R18
ここは、桑田耕平が社長をしている桑田コーポレーションの重役フロア。 なにやら、社長子息である桑田政行常務が画策してるみたいだ。 プレゼンをして、その企画が通った。 簡単に言うと、社員旅行だ。 しかも、専務と常務の。秘書も全員付いてくる。 その社員旅行の行先は、赤道直下の島。 旅行になるのか、喧嘩の元となるのか。 そして、利根川専務と常務秘書の高瀬の恋の行方はどうなる…?
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.05.05
BL 完結 短編 R18
日本語では虹流星群と呼ばれてるが、一般的にはアルカンシエル(arc-en-ciel)と呼ばれている。 アルカンシエル(arc-en-ciel)とは、フランス語で虹という意味だ。 その流星群は、60年に一度、日本でしか見れないと言われてる流星群である。 七色で連なっているから、そう名付けられたらしい。 その流星群を見たさに、二組のカップルが日本に帰国した。 オーストラリアのパースから博人と友明が、余計な人を連れて。 そして、カナダのケベックシティから健志と優も、とんでもない人から誘われて帰国してきた。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2017.06.18
BL 完結 短編 R18
今年に入っての初作品となった『弟と兄』に登場しました村上啓と、その担任である田村佳和の物語になります。 村上一家と田村一家の織りなす話を楽しんで頂けたらと思います。 タイトルにある『ネコの事情』とは、どんな意味が含まれてるのでしょう? ネコとは・・・?
24hポイント 2pt
小説 3,288 位 / 19,532件 BL 278 位 / 929件
登録日 2017.07.23
BL 完結 ショートショート R18
夏。 夏休み。 あなたにとって、どんなものを連想されますか? オーストラリアのパースに居る人たちは、こんな所に居ます。 そこは、青い空と青い海。 え、パースと同じだって…。 違いますよ。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.08.12
BL 完結 ショートショート R18
リア充なスポーツジムの所長である新田嘉男にあてられ、毎日の暮らしに変化がない清水朝巳は変化を求めていた。 そんな時、朝巳は、兄から一枚の紙きれを貰った。  「残り一人分しか無いが」、と。 手渡された物は、青春18切符だった。 それを使って、朝早くから夜遅くまでの一日旅行に行く事にした。 もちろん、行先は前夜遅くに決めた。 何かが見つかりそうな、そんな感じがした。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.09.04
BL 連載中 短編 R18
ここは桑田コーポレーションの専務である利根川は同居人であり恋人でもあった高瀬を探し出そうと躍起になっていた。 何処に行ったのか。 知ってるだろう人は口を固く閉じている。 黙っているばかりだ。 そんな時、GWに参加した「安藤島」の土産話を聞いた副社長が提案してきた。  「自分の持ち島である、沖縄よりの島へ」と。 この会社は、夏休みは9月になる。 その期間を利用して、副社長の島「福山島」へ強制参加する事になったのだ。 参加者は、重役だけ。 今回は秘書は行かない。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.09.14
BL 完結 短編 R18
9月は長兄から貰った青春18切符を使い、宇都宮経由して日光に日帰り旅行をした清水朝巳。 次は、何処に行こうと考えていたら、中学の同窓会のお知らせが届いたのを機に、倉敷へ行く事に決めた。 その当日。 朝巳は、久しぶりに会う人物と東京駅でバッタリ出会い、一緒に腐を探しに…。 いや、一緒に同窓会に行く事にしたのだった。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.11.09
BL 完結 短編 R18
オーストラリアの大学をスキップ卒業したジュンは、フランスの大学へ留学した。 その年の冬、同じフラットに住んでいるトニーと恋人になり、初のクリスマス。 ジュンとトニーのクリスマスの過ごし方です。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2017.12.19
BL 連載中 短編 R18
斎藤優介は父親が亡くなった事が分からず、父親の親友である福山友明の側で2週間近くを過ごした。 父親でもあり、友達でもある友明は、慕ってくる優介を大事に想っているものの何も出来ないでいた。 まだ大学生だったから。 そんな優介を、自分の左腕として君臨している山口悟の実家へ預かって貰う事にした。 詳しくは<a href="http://asami209.blog.fc2.com/blog-entry-174.html" target="_blank" title="『俺様ボスと私の恋物語 第一部』">『俺様ボスと私の恋物語 第一部』</a>にて。 その優介の山口家での立ち位置と暮らしぶり。 そして、次第に惹かれていく悟への思い。 そして、優介の本来のあるべき姿が曝け出せる。 そんなお話です。
24hポイント 2pt
小説 3,288 位 / 19,532件 BL 278 位 / 929件
登録日 2018.01.13
BL 完結 長編 R15
桑田コーポレーションで専務をしている利根川を始め、今回も重役旅行は行われる。 赤道直下の安藤島から始まり、沖縄より南の国境にある福山島。 今度は、日本本島内にある能登半島。 このGWに、激震が起こる!
24hポイント 3pt
小説 2,766 位 / 19,532件 BL 240 位 / 929件
登録日 2018.04.30
BL 完結 短編 R18
 山口悟は、恋人である斎藤優介と2人暮らしをしている。  その優介の高校以来の親友である岡崎徹に「龍に捕らわれた上司5人を助けて欲しい」とアドバイスを請われた。  行く気無かったのだが、優介の『異世界のスイッチ』という何気ない言葉にスイッチが入り、長兄に連絡をすると『龍神の宮殿』という、何気ない言葉に後押しされて能登に向かった。  無事に5人を助け出した悟は、そのまま能登で優介と旅をする事にした。  初めての二人旅。  能登では、どんな所を見て回るのでしょうか。  そして、どの様な事をするのでしょうか。  皆さんも、一緒に能登半島を旅行気分で読んで頂けると幸いです。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2018.06.22
BL 完結 ショートショート
 良い思い出は一つも無かった。  だけど、これだけは言える。  今、私は生きてる。  だからこそ、これからの人生を過ごす。  ”ありがとう”なんて感情は無いから言わない。  だから、この言葉を贈りました。  ”人間、出会うから別れが来るんだよ”    ”今まで、よく頑張ったね。お疲れ様”  その言葉に、母は頷き”ありがとう”と応じてくれました。  生まれて初めてだったんです。  最初で最後の言葉。  初めて、母の口から”ありがとう”と言葉を貰いました。  言って欲しかったんだよね。  でも、誰も言わなかった。  私なら言えるから、”よく頑張ったね、お疲れ様”と言ったまでです。  ”来世では会えるかどうかは分からないけど、元気でね”  その言葉を最後に言うと、穏やかな表情をしていました。  まるで私を虐めていた頃は無かったよ的な感じでした。  貴方に包丁で刺された痕は、まだしっかりと残ってる。「金が掛かる」と言って病院に行くなと言われたからね。 行っても数針縫うだけだし。 だから、私は自分の身体を見るのが嫌なんです。  その翌日、母は永眠しました。 今年の2月22日に、私の母は他界しました。 その私の思いを文にしました。 本当に、感謝の念なんて無い。 それは、彼等にとっても同じ事でしょう。 勝手にイタリアに連れて来られ、挙句の果てにはドイツへ。 ドイツでは、自分たちに日の目を見る事を許してくれた。 生きる術をも教えてくれた。 だからこそ、彼等は生きている。 自分の生きたい道を。 真摯な思いを、頑ななジュニアは受け止めてくれた。 私だって、私の生きて行きたい道を突き進んで生きたい。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2018.07.12
BL 完結 短編 R15
ドイツにあるフォン・パトリッシュ候のジュニアであるマルクは、2人の姉と妹に囲まれた3番目であり、長男。 そのマルクは長姉であるマドリーヌに叶わぬ思いを寄せていた。 それが、いきなり自分の目の前から消え、数年後は子供を連れて帰国してきた。 その子供はヒロトと名付けられ、マドリーヌによく似た男児だった。 自分の姉をポッと出のヒロトに取られ腹が立っているのに、そのヒロトは何故か自分に纏わり付いて来る。 挙句の果てには、自分の書斎に勝手に入りこんで一緒に過ごすようになっていた。 ある日、マルクの目の前でマドリーヌは車に惹かれて死んでしまった。 それがきっかけとなり、マルクとヒロトは自分の部屋に籠ってしまった。 なのに、そんなヒロトを久しぶりに目にしたのは意外な場所だった。
24hポイント 0pt
小説 19,532 位 / 19,532件 BL 929 位 / 929件
登録日 2018.07.26
BL 連載中 短編 R15
ここは桑田コーポレーション(株)の5階にある、重役フロア。 この会社では9月の連休を利用して夏休みに当てている。 その夏休みを利用して秘書研修が行われる。 企画は峰岸、行動は岡崎。 その研修の内容は数人が講義を担当し、スポーツもする事になった。 そのスポーツに指名されたのは山口道場。 そう、岡崎が空手を習いに行ってる道場だ。 師匠である山口悟とは大学の先輩後輩という関係だが、今までにも色々な事件を解決してくれている。 岡崎にとって救世主の人物である。 瀬戸常務秘書の岡崎と、桑田常務秘書の峰岸が主役級です。 時々、エッチな表現もあり。 時々、痛くなる事もあり。 時々、泣く(啼く?)事もありの、ストーリー重視の作品です。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2018.09.20
BL 連載中 短編 R18
夏休みを利用して秘書の育成も兼ねた研修を開いた、その最終日。 偶然にもチカンまがいなことをされかけた岡崎は、護身術の成果を発揮していた。しかし、相手がホモ専務だと渾名を付けられている利根川専務に気がつくと、その場を逃げるように立ち去ってしまった。 その専務から、ある日、通達された。  「金曜日、送ること」 送迎しろという言葉に素直に頷いた岡崎に何が起きるのか。 それとも、何も起きずに無事に家に帰り着くことができるのだろうか。
24hポイント 1pt
小説 4,132 位 / 19,532件 BL 352 位 / 929件
登録日 2018.11.10
49 123