ちょきんぎょ。

ちょきんぎょ。

適当に泳ぐお魚。 ファンタジーとか恋愛とか鬱とかコメディ書くのが趣味です。
5
夢に破れ、恋に破れ、就職に破れた負け犬三冠王の俺。 「可愛い女の子つけてくれる」っつーから勇者として異世界に出向いてやったのに、ぜんっぜん話が違うじゃねーか。 なんだこの夢は。出来悪すぎるわ。プロットからやり直せ。 俺は在り来たりな設定とか展開ってやつがな、大っ嫌いなんだよ。 なにが勇者だ。 なにが異世界だ。 授けられた能力は噛み合ってなさすぎで、サービスも悪すぎる。 こんなんで「人々の希望になれ」とか言われてやる気出るわけねえだろ。バカじゃねえの。 しかも勇者とか聞こえが良いだけで、ただの洗脳職じゃねえか。 こんなんで女の子にモテても嬉しくねーよ。 知るか、こんな異世界。知ったことか。 くたばれウソツキ異世界。
24hポイント 0pt
小説 19,440 位 / 19,440件 ファンタジー 7,541 位 / 7,541件
登録日 2015.05.31
恋愛 連載中 長編 R15
彼女はメイド。 優しくて、綺麗で、何でもできて。 だけど、ちょっぴり変な。 名状しがたい、僕のメイドさん。 このお話は、そんな彼女と、僕と。 そして周りのみんなとの。 小さなお話の、詰め合せ。 ――――――――― 基本完璧だけどちょっぴり天然でご主人様にダダ甘な猟犬メイドと、ちょっと気弱だけどスイッチ入るとドSと化すご主人様。 ご主人様のお友達も含めて、他愛のない日常は続く。 多くのパロディと時々のダークを交えつつのラブコメディです。 SAN値がゼロになるようなことはありませんが、作者は全力でクトゥルフ神話が大好きです。 クトゥルフよ、これが妄想だ(適当)
24hポイント 3pt
小説 2,973 位 / 19,440件 恋愛 1,227 位 / 5,057件
登録日 2015.06.03
丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三食昼寝おやつ付きで養ってくれる生活ですかね」 お前本当に主人公かよ! 理想のヒモ生活を目指す異世界ファンタジーコメディ、開幕……? 表紙画像はめたるぞんびさんからの頂き物です。ありがとうございます。
24hポイント 513pt
小説 92 位 / 19,440件 ファンタジー 58 位 / 7,541件
登録日 2015.11.14
七つの海を荒らし回った……かどうかはさておき、屈強な海の男どもを従える海賊の船長である彼は、ある日いわくつきのお宝を手に入れる。 『異界の扉を開く』、などという嘘くさい触れ込みを笑い飛ばし、しかし漂流した先で見たものは、たしかに知らない景色だった。 船を失い、仲間を失い、ひとり異界へと放り出された彼が目指したものは、たったひとつ。 「海賊らしく生きるだけさ」 生きる世界が変わっても、生き方は変えられない。 そう、たとえ性別が変わってしまったとしても。 「……んん?」 ―――――――――――――――――― 「僕はこの目で見たことしか信じない。宝の呪いなんて、あるわけないだろ」 そんなふうにせせら笑って、いつものようにお宝を略奪した僕だけど、どうやら今回はいつもとちいとばかり違うらしい。 気がつけば船の上ではなく、森の中。装備はあるが、船と手下は消え、おまけに自分の身体も変化した。 目で見たことしか信じない。ならば目の前にあるこの異世界としかいいようのない光景も、また真実なのだろう。 生きる場所が変わったところで、生き方を変えられるほど器用な人間じゃない。 漂流先が孤島だろうと異界だろうと、僕がやることはなんら変わらない。 ただ、己の心に従って生きるだけだ。
24hポイント 3pt
小説 2,973 位 / 19,440件 ファンタジー 1,070 位 / 7,541件
登録日 2017.12.04
ファンタジー 連載中 ショートショート R15
悪魔使い。 それは禁忌とされる悪魔の力を使い、世界から忌み嫌れ、殺されるべく追われる危険なものたちである。 その悪魔使いの中で、天才と呼ばれる少女、クェル・フェル・エル。 そんな彼女が生み出した悪魔に与えられた契約の内容は、『願いをひとつ叶えるたびに、くちづけをひとつ』というもの。 「それじゃ、ちょっとドラゴンとか倒しに行きましょうか」 「くちづけだけで割に合わないと思う時、結構あるんだけど……!?」 世界は残酷で、契約は絶対。 けれど、それが正当かどうかはきっと、ふたりが決めること。 見習い悪魔に、くちづけを。 ―――――――――――――――――――― 「掴みましたか」 暗く、音のない世界でそんな声が聞こえた。 目覚めた場所はほの暗く、妖しく。 そんな中で、金色の少女はくふふと微笑んで、 「今日からあなたは私の悪魔なので、宜しくお願いしますね♪」 「……はい?」  彼女は理不尽で、滅茶苦茶で。  だけど少しだけ優しくて、あたたかなくちづけをくれる、僕の主だった。  これはたぶん、僕と彼女の繋がりのお話。
24hポイント 6pt
小説 2,195 位 / 19,440件 ファンタジー 806 位 / 7,541件
登録日 2017.12.04
5