PuChi

PuChi

日々是精進
2
生まれた時からの幼なじみ、一希(♂)と悠希(♀)。 隣人、友達、親友、恋人・・・そして結婚を意識し始めた2人。 そんな中ある噂の恋愛スポット"神様の泉"の話を耳にする。 永遠の愛を誓い合う2人が、署名した婚姻届をその泉に沈めると、来世でも必ず出会うことができ、愛を繋いでいくことが出来ると言う話だ。 ただし、泉に沈めて3年以内に結婚しなければ、2人は今も未来も永遠に出会うことが出来なくなると言う条件付き。そのかわり、その3年間は、必ず手の届く所に存在し合えると言うものだ。 高校生の2人は卒業式の日に、重なり合う想いを確認し、神様の泉に婚姻届を沈めに行く事になった。 20歳になったら結婚しようと。 その帰り2人は不思議な現象に巻き込まれる。 一希は青い魔方陣に、悠希は赤い魔方陣に包まれた・・・・・・。 そう、異世界からの呼び掛けだ。 それも2人同時に・・・別々の何かから・・・。 一希は異世界で魔王討伐の勇者として召喚される。 一希は召喚障害として自分の本当の名前を失っていた。 一方悠希は人間を滅ぼそうとする魔王の娘として転生していた。 悠希は転生障害で元の世界の記憶を失っていた。 神様の泉の力が働いたのか2人は手の届く場所、同じ異世界にいる。 しかし、2人はその事を知らず、お互いを知らない。 そして、お互いは敵対関係。 しかも、悠希は元の世界の記憶が無い。 その上、3年以内に結婚しないと2人は二度と会えなくなる。 加えて、結婚する為には失った本当の名前を思い出してもらわないと婚姻届に署名が出来ない! いくつもの障害が立ちはだかる。 つまり・・・・・・ "異世界で、3年以内にお互いの存在も位置関係も知らない2人が、どうにかして出会い、何とかして元の世界の記憶を蘇らせ、失われた名前を手に入れて、どんな手をつかっても魔王の娘である悠希と人間の勇者である一希が婚姻届にサインし元の世界へ戻り婚姻届を提出し、結婚しなければならない" 限られた時間の中であの日の約束を果たすことは出来るだろうか・・・・・・。
24hポイント 0pt
小説 73,859 位 / 73,859件 ファンタジー 21,672 位 / 21,672件
文字数 112,633 最終更新日 2020.05.08 登録日 2019.10.08
出会いは運命を逆転させる。 それはたった1枚の手紙とひとつのボタンから・・・・・・。 空野 彼方(そらの かなた)16歳、男。 親が付けたこの名前が嫌で少しひねた性格ではあるが、どちらかと言うと、物静かで全く目立たない空気のような存在。 強いて言うなら、左目だけ青い事以外は、どこにでもいる普通の中学生。 ある日、彼方宛に1つの荷物が届く。 差出人は・・・・・・見たことの無い文字で書かれている。 ひょんな事から謎の文字が読める事に気づく。 箱を開け中を見ると 〝女の子ジュース〝 〝吸血天使契約書〝 〝存在削除スイッチ〝 よく分からないイタズラと思える物が入っていた。 彼方は誤って〝存在削除スイッチ〝を押してしまう。 この世界から空野 彼方と言う人間の理論的存在は消えてなくなった。 あせって契約書を見る。 よく見ると2枚になっている。 〝吸血天使契約書〝と〝初期化契約書〝 初期化契約書の裏には説明書きがある。 〝存在削除実行後5日以内に、どちらか希望の契約書にサインし契約を締結してください。期限内に締結が行われない場合、魂と世界を繋ぎ止める力が消失し命を失います。尚『 女の子ジュース』の賞味期限は箱を開けてから3日です。期限切れの物を飲むと死んでしまいますのでご注意ください〝 突然の余命宣告 吸血天使とはなんなのか? 初期化したらどうなるのか? 女の子ジュースとは? 謎ばかりで情報の無いまま、余命5日のタイムリミットを強いられるのだった・・・・・・。 気になる謎の文字の差出人は〝ナタリア〝と書いてあった。 ナタリアはなぜ彼方に〝吸血天使契約書〝を送ったのか? この小さなきっかけがお互いを引き合わせ、この2人が出会う事で、運命の大きな分岐点が生まれる。
24hポイント 0pt
小説 73,859 位 / 73,859件 ファンタジー 21,672 位 / 21,672件
文字数 89,828 最終更新日 2019.10.27 登録日 2019.09.18
2