aito

aito

自己満足で自由に好きな様にかきなぐるのdes
4
BL 連載中 長編 R15
クールで美人な白瀬。 彼は不良校に通いながら不良では無い。しかし、ただの一般人とも言えない人物だった。 彼は悪魔──そう呼ばれている。 作り物のように白い肌、対象的に黒い髪、身体中の血をそこへ集めたようなルビーの様に真っ赤な双眸。いつも無表情かと思えば時折不機嫌に顰められる表情に周囲は縮み上がる。 みな、彼の機嫌を損ねぬ様、神経を使うのだ。 が、しかし本人の心の内は…… ──俺、なんで不良に恐がられてるんだろう。 という周囲の印象とはかけ離れたものだった。 しかしスグリは弁解できるだけのコミュニケーション能力は持ち合わせていなかった。 ……そして高校2年生に進級して暫く。 いつかは治るだろうと過信し放置してきたものの、一向に直る兆しが無いことに焦りを感じる。 せめて普通の大人になるべく人見知りとコミュ障を治す為、彼は他人に歩み寄る。 そんなスグリが周囲への勘違いや、周囲からの誤解に気付き、幸せになっていく物語。 メインヒーロー、最終的なカプは決まってます。 ヤンデレ要素メンヘラ要素がありますが、ストーカー気味なキャラが出てくるので追加してあります。 最終的に結ばれるかは置いといて視覚的なCPは 【ヤクザな俺様幼馴染み×主人公】【心が読める訳有りマフィア×主人公】【馬鹿力なポンコツわんこ×主人公】 とか、その辺になるかと思います。 他にも主人公は総受けタグの通り慕われますが、彼らはモブとして分類してもいいかな?という感じなので主にこんな感じになるかと思います。 ハッピーエンドに向かってがんばります。
24hポイント 78pt
小説 12,210 位 / 148,455件 BL 2,644 位 / 17,071件
文字数 1,093 最終更新日 2022.07.17 登録日 2021.09.05
BL 連載中 長編 R18
他作品、 非凡な俺の平凡な日常【エブリスタ様で完結しています】 投稿作品のアプリ移動に関しましてのご報告がありますので詳しくはストーリーの1番上か1番下の【ご報告】をご覧下さい。 R18は一応保険 □魔族×主人公 ((※魔王じゃないです。あえてただの(?)魔族なのです。 イケメンが不細工で、不細工がイケメンで……? 凹凸の少ない日本人の平凡顔が麗しの美男で、更に幼さと可愛さが追加されれば傾国の美少年? 美醜逆転が滅茶苦茶の世界で可愛いが絶滅? 現世で素朴に可愛いかった少年が、異世界に落ちるとまさかの絶世の美少年扱い… シリアス臭を香らせながらまったり行きます。 ──────────── ※ややこいので簡単に····· 【美しさ順で言うと】 “可愛い→平凡→不細工→イケメン” 【色の順で言うと】 “黒→濃い色→鮮やかな色→明るい色→薄い色→白” の設定で進めてます。だいたいそんな感じ。 追記ですが、白自体が蔑まれている訳では無いです。その色を人族または魔族が持って産まれてくることが問題、としています。まぁ詳しくは追追····· ※1章毎に描き上がり次第プロローグより先を毎日投稿してます。
24hポイント 35pt
小説 19,051 位 / 148,455件 BL 4,114 位 / 17,071件
文字数 1,055 最終更新日 2022.04.13 登録日 2021.05.29
BL 連載中 長編 R15
非凡な俺の平凡な日常【エブリスタ様で完結しています】 ほかの投稿作品の移動に関しましてのご報告がありますので、詳しくはストーリーの1番上か1番下の【ご報告】をご覧下さい。 ※主人公が何処と無く変人かつ鈍感でお送りしますので友情要素強めです。 偏差値最低不良校に通う主人公、紗枝野 恋(サエノ レン)。上まで留めた学ランに眼鏡、更に黒く長い前髪。平凡で地味な見た目だが持ち前のフレンドリーさで、不良とそれなりに仲良く過していたレンの生活は眼鏡を紛失したことでガラリと変わり…… 総愛され/チャラわんこ×穏やか無表情/無表情と笑顔の二択/のらりくらりの変人/美形/喧嘩強い/ギャップの暴力/無自覚/能天気…に見せかけた自由人/喧嘩だこ/靱やか筋肉/真面目詐欺/入学時のあだ名はテンション眼鏡(本編ほぼ外してます)/マイペース 攻めと結ばれる迄の数年間を書ききれたら良いなと思ってます。 PS、亀更新ですが書きたいものを書きたいだけ進めていくスタイルです。他作品に手を伸ばしている場合もあるのでご了承くださいましm
24hポイント 28pt
小説 21,172 位 / 148,455件 BL 4,593 位 / 17,071件
文字数 915 最終更新日 2022.04.13 登録日 2021.08.27
BL 連載中 長編 R18
※どうしても描きたくなってしまって……他のが完結してないのにまた手を伸ばし始めました。 表紙は物語を書き始める前にフライングで出来上がりました。馬鹿ですどうも、よろしくお願いします。 要素 総愛され/無自覚/愛されたがり/タチからもネコからも/好かれ体質/素直なだけなのに奇跡的に善人レッテル貰えた/名家の次男/親衛隊を愛してる/王道は1人目の友達/Fクラスは癒し/R18は保険 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 面倒事が嫌いで欲望に忠実な主人公、 生徒会書記を務める桜井 那希斗。 彼は名家、桜井の次男。 物心着いた頃には政略結婚だった両親は別居状態で、多忙でなかなか帰ってこない母親と数人の使用人達とで広い家で暮らしていた。 寮入りする中等部までをそんな家で暮らした那希斗は…… ──至って普通に愛されていた。 なかなか顔を合わせられず冷たい顔立ちの無表情な母親は、淡白だが那希斗を人並みに愛しており那希斗もそれを理解していた。 那希斗は愛想のいい使用人に育てられたからか、母親と違い穏やかな雰囲気の子供に育った。使用人と仲が良く、名家の為お金にも困らず、欲しいものはすぐに手に入る。 何不自由ない生活。 しかし寂しがりの節があった那希斗はどこか満たされない気持ちで、心の渇きを感じていた。 そんな時、中等部に入った那希斗は街で不思議な人に出会った。しかし、彼の名前も顔もほとんど分からない。ただ澄んだ真っ直ぐな黒い瞳だけが記憶に残っていた。 次第に再会など叶うはずのない彼のことも忘れていき、時折ふとした瞬間に思い出す程度になっていた。 しかし…何かが足りない、あと何かがあれば全部揃うのに。那希斗は彼と出会って以来、心の渇きが増していた。 それが明確に“何”なのかは分からなかったが人から向けられる愛でその渇きが少しだけ潤った気がしたのをきっかけに周囲から愛を受け取り愛を渡すようになった。 そして、那希斗は徐々に愛される事に依存した。 高等部、思わぬ再会をきっかけに動き出す物語。 彼を満たすことの出来る愛を手に入れる為の、 那希斗の心の乾きを潤すための物語。
24hポイント 56pt
小説 14,435 位 / 148,455件 BL 3,178 位 / 17,071件
文字数 60,798 最終更新日 2022.03.06 登録日 2021.10.09
4