1
私は、この国の令嬢でした…。父親は国の騎士団の長で母親は優れた癒しの力と付属の力で巫女や聖女と呼ばれる才能のある両親だった。私は、母親の力を引き継いで生まれました。でも、もう一つの力のせいで私は聖女の落ちこぼれとなりました。 聖女の力を持った別の少女を虐めたとされ婚約破棄となり修道院に送られたとされ表舞台から姿を消しました…。 追加、傭兵団の名前を話の中で書いてませんでした。 途中から突然出てきて混乱すると思うので書きます。 傭兵団の名前は天の星月としました。 作者… 私のミスでお父さんは空気となりました… コメントを貰えたらとても嬉しいです。 私自身のネタが尽きた時点で投稿できなくなったと自分で判断して消すこともあります。 恋愛要素がいい感じに描けないと判断しジャンルを恋愛からファンタジーへと変更しました。
24hポイント 28pt
小説 10,894 位 / 60,807件 ファンタジー 2,588 位 / 19,454件
文字数 21,029 最終更新日 2017.07.29 登録日 2017.07.23
1