夕凪 緋色

夕凪 緋色

どうも、夕凪 緋色(ゆうなぎ ひいろ)です。 夕凪とついてますが、産まれも育ちも大阪の山の方です(笑)
1
夕凪緋色 作 ━━ある日曜日。 夕方になると聴こえる、ウクレレの音。 音を辿ると、ボロアパートに行き着く。 「〜♩〜〜♩」 ウクレレ弾きのニート・月島 大夢。 「あ、月島さんのウクレレだぁ。夕焼けお空〜の〜♪」 店子達の胃袋を掴んだ、小学生━━……女子高生 綾崎 泉美。 「お、今日も始まったな……〜〜♩」 東大出身のサラリーマン・瀬田 孝一。 「あらぁ、今日もス・テ・キ♡……〜〜♪♪」 この女━━……男、オカマバーの店長。 道端で近所のおばちゃんやお巡りさんも、アパートを振り返り微笑む。 太陽が沈むのと同じように、ゆったりとウクレレの音が響き渡る━━ 「ゆうやあああけぇ あさやけえぇぇのぅあぁあぁああぁぁ!」 雑音とも言える音痴な女の声がノリノリで加わる。 一気に不協和音。 ドンドンドンドン ━━!! 上から下から、右から左から……外からブーイング。 「うるさいなぁ、誰やねん!」 ━━バタン!! 『お願いだから歌わないで!!』 「な……みんなひどいわぁ……。人がえぇ気持ちでぇ~、ぐすん」 この女、残念美人なフリーター・奥沢奏子。 。 ━━ナニワノ府夕凪町・向日葵荘は今日も賑やかである。
24hポイント 0pt
小説 84,311 位 / 84,311件 キャラ文芸 1,958 位 / 1,958件
文字数 37,211 最終更新日 2020.01.04 登録日 2018.03.18
1