水瀬さら

水瀬さら

何気ない毎日の中で、自分が思ったこと、感じたことを、物語にして伝えていきたい。そして読んでくださった方の心に、ひとつでも、なにか残るものがあれば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

著者プロフィール

2009年からウェブで小説の執筆をはじめる。多くの読者に支えられ、2018年、「あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った」で出版デビューを果たす。著書は他に「幽霊アパート、満室御礼!」「妹尾写真館 帰らぬ人との最後の一枚、お撮りします」(共にアルファポリス文庫)がある。
3
アルファポリス文庫
心震える感動の母娘小説

あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った

ラスト、涙が止まらない感動の母娘小説!

自由奔放で身勝手な母に嫌気が差し、田舎を飛び出してひとりで暮らしてきた綾乃。そんな綾乃の家に、ある日突然、母の珠貴が押しかけてきた。不本意ながら始まった数年ぶりの母娘生活は、綾乃の同僚若菜くんや、隣の家の不登校少女すずちゃんを巻き込んで、綾乃の望まない形で賑やかになっていく。相変わらず自分中心の母に、綾乃の苛立ちは募るばかり。けれどある時、母の抱える重大な秘密を知り、綾乃は言葉を失う――不器用な母と娘が織りなす、心震える再生の物語。

■文庫本 ■定価704円(10%税込) ■2020年12月31日発行
アルファポリス文庫
人生を変える奇跡の10分

妹尾写真館

帰らぬ人との最後の一枚、お撮りします

第2回ほっこり・じんわり大賞涙じんわり賞受賞作!

写真館を経営する祖父が亡くなり、地元へ戻ってきた妹尾つむぎ。彼女は、祖父に代わり店を切り盛りしている青年・天海咲耶から、とある秘密を知らされる。それは、この写真館では、わずか10分だけだが、もうこの世にはいない大切な人と会え、そして一緒に記念撮影ができるということ。そんな夢みたいな話が事実だと知ったつむぎは、天海とともに、訪れる人々のこの奇跡の再会を手伝うようになる――

■文庫本 ■定価704円(10%税込) ■2020年09月30日発行
アルファポリス文庫
幽霊たちの愛おしい日々

幽霊アパート、満室御礼!

就職先は、幽霊ばかりが住まうおんぼろアパート!?

就職活動に連敗中の一ノ瀬小海は、商店街で偶然出会った茶トラの猫に導かれて小さな不動産屋に辿りつく。怪しげな店構えを見ていると、不動産屋の店長がひょっこりと現れ、小海にぜひとも働いて欲しいと言う。しかも仕事内容は、管理するアパートに住みつく猫のお世話のみ。胡散臭いと思いつつも好待遇に目が眩み、働くことを決意したものの……アパートの住人が、この世に未練を残した幽霊と発覚して!? 幽霊たちの最後の想いを届けるため、小海、東奔西走!

■文庫本 ■定価704円(10%税込) ■2019年02月27日発行
3