海野アロイ

海野アロイ

3
ある日、主人公の兄が勇者として見出された。勇者の特殊スキルは『妹力(いもうとぢから)』、それは妹の応援で成長するものだった。しかし、勇者には肝心の妹がいない!そこで勇者の弟である主人公オーウェンは無理やり女装させられ「勇者の妹」に仕立て上げられてしまう。いやいや冒険を始めるも、おねショタの勇者、寝取らせの王子、女装プレイの幼なじみ、マザコンの魔王など、特殊な性癖(スキル)をもった登場人物ばかりが登場し、勇者の妹の活躍と悲喜劇は一気に加速。果たして彼(彼女)のパーティは無事に魔王を倒すことができるのか?というお話です。 こちらはちょっとエッチなギャグベースのハッピーエンドのお話です。 8万字~10万字ぐらいで完結する予定です。 さくっと中編を読みたいときにぜひどうぞ。 ブックマークや評価、感想、レビューなど頂けますと泣くほど喜びます。 お楽しみいただければ幸いです。 ※短編の「勇者様は逃げられない」と似たような世界観です。
24hポイント 0pt
小説 19,504 位 / 19,504件 ファンタジー 7,821 位 / 7,821件
登録日 2020.01.19
勇者として見出された俺は固有スキル「逃げるが勝ち」を授与される。このスキルは逃げれば逃げるほど強くなるという全く役に立たなそうなスキルだった。戦闘に参加せずに逃げてばかりなので、当然、仲間になってくれる奴もいない。今では『逃げ足の勇者』と馬鹿にされる始末だ。 「強くなって奴らを見返してやる!」と限界値ギリギリまで自分を鍛えぬくことを決意。 とんでもなくステータスをあげてみたものの、それでも仲間は現れない。 落ち込んでいた俺のもとに、一人の女の子が駆け寄ってきて…。 というお話です。 基本的にはギャグベースのハッピーエンドです。
24hポイント 0pt
小説 19,504 位 / 19,504件 ファンタジー 7,821 位 / 7,821件
登録日 2020.01.19
ある日、高校生の俺はとんでもない場面に遭遇する。 大蛇を連れた女の子が鬼と戦っているのだ。 防戦一方の彼女を助けようと、俺は何かを封印していた塚を解放して鬼を撃退。 その時、解放されたのが『蠱毒の壺』の妖怪だった。 そいつに魅入られた俺は、呪いを吸収したり、引き付けたりするシャレにならない体質になってしまう。 「どうにしかしてくださいよ!」と抗議する俺。 「うちでバイトすれば?たまに治療してあげる」の一言で彼女の経営する霊能オフィスでバイトを始めるも、この彼女自体が非常に癖のある人物だった! オフィスのボスこと柳護さんは呪いを吸収すると、外見が男から女へと変わる特殊体質。 さらには髪の毛に蛇が棲んでいて、呪いを食べる。 何よりヤバいのが自営業のくせに商才がゼロなこと! 外見だけに惹かれてバイトを始めた俺は後悔の連続である。 俺は果たして煩悩(ラッキースケベ欲)を満足させ、蠱毒の呪いから解放されるのか? 柳護さんは果たしてオフィスを持続できるのか? ロリ狐巫女、悪役令嬢みたいな金持ち霊能者、呪いの道具発明家などのお友達も現れ、オフィスはいつもトラブル続き。 これは俺と柳護さんとゆかいな仲間たちが呪いや妖怪変化の事件解決を通じて、きずなを深めていくオカルトラブコメディ。 多少のエロと多少のオカルトと、多大なツッコミでできています。 ゆっくりしたスローな話と、過去・現在・未来を巡るシリアスな話を交錯させながら描いていく予定です。 ブックマークや評価を頂きますと死ぬほど励みになります! どうぞよろしくお願いいたします! 短編はギャグ主体のものが多いです。 長編はシリアスとギャグを織り交ぜながら書いています。
24hポイント 0pt
小説 19,504 位 / 19,504件 ファンタジー 7,821 位 / 7,821件
登録日 2020.01.19
3