1
 それは流人が謡う、心中話。  時は元禄、犬公方こと徳川綱吉の時代。西鶴寺(さいかくじ)の龍海(たっかい)は、息子の色狂いをどうにかしてほしい、と持ちかけられる。龍海はそれを承諾するが、稚児の悋気を治めるため、団子屋に連れて行く。  そこで二人は、京言葉を話す美しい青年、市ノ川雪茂(いちのかわゆきもち)と出会う。実は彼こそが、江戸の男達を骨抜きにする陰舞「空蝉(うつせみ)」だった―――。  短歌と共に語られる、ゆったりとした情緒溢れるメンズラブです。
24hポイント 0pt
小説 19,404 位 / 19,404件 歴史・時代 415 位 / 415件
登録日 2020.05.02
1