1
青春 連載中 短編
俺には、中野 尾愚という親友がいる。普段、家には可愛い妹がいる為あまり人を入れない、しかし、彼だけは信用していい、なんせ小学5年生からの仲だ、転校を繰り返している俺からすれば5年間は長い付き合いだ。 今日はオグが遊びに来る約束だ、オグが来る前にアレやっておくか... 「おい、お前何してんだ」 俺は目を疑った。いつもの様に妹の部屋にタンスをあさ...妹の様子を見に行くとそこには、タンスをあさっているオグがいた。 うまく状況が理解出来ず、 「そ、そこは、ブラの場所じゃないぞ...」 と意味の分からない台詞をかましてしまう 「うん、でも俺パンツ派だから」 びっくりするほど清々しい顔でオグは言った。 あ、そうなんだオグってパンツ派なんだ、また一つオグについて知れたな。ハハハハハ ま、あまり触れるのはやめておこう、関係が崩れるかもだからな。ハハハ 「あ、あの、オグ」 「ん?どした」 問題はそこじゃない、そこもだけどそこじゃない 「あの、そろそろ妹帰ってくるかもだけど...」 ガチャ 「おーい、アニキの好きなお菓子買ってきたぞー」 あ、ヤバイ 「おい、オグ早く部屋に戻るぞ!...はっ!!」 オグが居ない、どういう事ださっきまでここに。 窓、窓が開いてる、 アイツここから飛び降りたのか!? 「あ、尾愚さん来てるんだーお菓子買ってきてよかったー」 ま、まずい、もうすぐそこまで来てやがる。 お、俺も飛び降り...!? (オ...オグーーー!!!!!!!!!) ア、アイツ、ミンチになってるんだけど!? ハンバーグ作れる勢いなんですけど!? ここから飛び降りたらひき肉になってしまう、どうすれば... 「おーい、アニキー!どーしたー?返事しろー、あれ?部屋のドア開いてる...?」 ま、まずい!!! もう、ここに隠れるしか! 「はぁ、アニキどこ行ったんだろ?家の中なはずなんだけどなー」 「まぁ、いっか。汗かいたし取りあえず着替えるかー」 「えーっとパンツ、パンツ。...あ?」 「よ、よう妹、あれ?こ、ここは何処だ?あーー、タンスの中かーお兄ちゃん寝相悪いから、HAHAHA HAHAHA HAHAHAHAHAHA、ときに妹よ何故パンツを履いていないんだ?」 「ッ///!!この!変態!!!」 パンッ!! 俺って奴は…
24hポイント 0pt
小説 63,550 位 / 63,550件 青春 3,055 位 / 3,055件
文字数 919 最終更新日 2019.09.09 登録日 2019.09.09
1