著者プロフィール

2008年からひっそりとネット上で小説を書き始める。2014年に「愛すべき『蟲』と迷宮での日常」の執筆を開始し、2016年に同作で出版デビュー。
3
アルファポリス
敵対する相手は絶対殲滅!

愛すべき『蟲』と迷宮での日常3

累計3万部! ダンジョン冒険ファンタジー、待望の第三弾!

凄腕『蟲』使いのレイアは、大貴族となった今も、冒険者として迷宮に潜る日々を楽しんでいる。だが、そんな彼の命を狙う人間が存在した。それは、私服を肥やすレイアの元上官の騎士や、国を乗っ取ろうとするギルドの幹部たち。彼らの身勝手な野望の達成には、レイアが邪魔だったのだ。そのため、罠や奇襲など様々な手を仕掛ける。しかし、蟲の魔法は彼らの想像を超えて強かった。拷問、洗脳、力押しと、レイアはあらゆる手段を用いて、悪党どもを返り討ちにしていく――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2017年03月30日発行
アルファポリス
『蟲』使いの過去を公開!

愛すべき『蟲』と迷宮での日常2

累計2.5万部! ダンジョン冒険ファンタジー、待望の第2弾!

ネットで大人気のダンジョン冒険ファンタジー、待望の第二弾! 容姿端麗で、世界で唯一の『蟲』魔法の使い手であるレイア。実力派冒険者であり、大貴族でもある彼だが、巨大な欠点が一つ。極悪非道な性格なのだ。レイアがどうしてそのようになったのか。その秘密は、数々の出会いにあった。元日本人の巨大な蟻のモンスター、根性悪の底辺冒険者、ドスケベ皇帝陛下、そして最強の『闇』魔法使い。規格外の彼らによって、レイアの魔法の腕は磨かれ、性格は外道へと変わっていったのだ――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2016年11月30日発行
アルファポリス
凄腕蟲使いはド外道!?

愛すべき『蟲』と迷宮での日常

ネットで話題沸騰! ダンジョン冒険ファンタジー、待望の書籍化! 

自称紳士で、凄腕蟲使いのレイアは、地下迷宮「モロド樹海」でギルドの依頼をこなすランクBの冒険者だった。ぱっと見はアルビノ体質のイケメンなレイアだが、その本性は他人よりも自らの操る蟲の方を大事にする外道。怒らせると命がない男として、周囲からは恐れられていた。そんなレイアは、あるとき、迷宮に潜った貴族の娘の救出を依頼される。ここでも外道のレイアは、依頼料を搾り取れるだけ搾り取ってから、迷宮に入っていくのだった――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2016年08月31日発行
3