とりい とうか

とりい とうか

1
八樺礼音は、とある大学の近くにある喫茶店で働いている。父の友人が始めた店であり、基本的には接客と会計を担当していた。 礼音はいわゆるクォーターで、日本語しか話せないのだが、金髪碧眼といういかにも英語やら何やらが話せそうな容姿をしている。高校まではそのことで随分からかわれたり勘違いされたりしたのだが、今や昔の話だ。 これはそんな礼音が喫茶店にて出会った人間たちとの話である。
24h.ポイント 0pt
小説 187,475 位 / 187,475件 ライト文芸 7,648 位 / 7,648件
文字数 40,333 最終更新日 2024.06.23 登録日 2024.04.21
1