紅狐

紅狐

よろしくお願いします。
7
恋愛 連載中 長編
天童司(てんどうつかさ)は県内有数の進学高校に通う高校一年生。  同じクラスにまさに大和撫子の名にふさわしい清楚な美少女がいる。 容姿端麗、成績優秀、さらに社長令嬢と完璧美少女、姫川杏里(ひめかわあんり)。  だが自分にとっては遠い存在で、住んでいる世界が全く違う。 俺は意図して関わり合いにならないように過ごしてきた。  何となく過ぎていく日々、そんなある日の夜、彼女と出会うことになる。  駅前のベンチで一人座っている彼女。いつもだったら声もかけず通り過ぎるだろう。 しかし、その時は声をかけた。  彼女は通学用バッグとは別に、大きなボストンバッグを横に置き、遠くを見つめている。 夜も遅く、普通だったらとっくに帰宅している時間だ。 「お前こんな時間に何してるんだ? 早く帰れよ」  俺に目を向け、唇をかみしめながら彼女は答える。 「天童さん? あなたには関係の無い事よ」 「そっか、気を付けて帰れよ」  めんどくさがりでも、ほおっておけない主人公と、意地を張りながらそれでも優しさに触れ、徐々に主人公に惹かれていくヒロイン。  一つ屋根の下で生活を共にし、互いに想いを寄せ、少しずつ二人の距離が近づいていく。 交際が始まってからも二人の物語は続き、そしていつの日か二人は……。  二人の想いが通じるまでが恋物語ではない。 想いが通じ合い、二人で歩み始めてからもずっと続く恋物語。 『あなたの心には誰がいますか?』 Copyright(C)2017-紅狐
24hポイント 113pt
小説 134 位 / 19,410件 恋愛 28 位 / 4,799件
登録日 2019.11.29
高校卒業の日、主人公の北村純一(きたむらじゅんいち)は階段から落ちてしまう。 気が付いたらそこは今までいた世界とはちょっと違った世界。 男女比が異なり、男性が世間から超優遇される世界だった。 彼女ができなく高校卒業してしまった主人公が、今度の世界ではハーレム無双する。
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ファンタジー 7,738 位 / 7,738件
登録日 2019.11.29
 ある晩の夜、俺は星に願いを言った。 『銀髪碧眼の女の子!』 たった、それだけだったはずなのに……。  出会った銀髪碧眼の少女に変な力を与えられ、訳も分からず変身させられた。 しかも、次から次に出てくる変な怪人をやっつけないと、世界からフェチがなくなるって?  ツインにポニー。金髪、銀髪、赤巻き髪、青巻き髪、黄巻き髪。 ツンデレ、ヤンデレ、デレデレ。それにニーソやハイソックス。 美少女のクラスメイトに、お兄ちゃん大好きな妹。 なお、個人的に推しの絶対領域は必須科目だ。  この世界からフェチが無くなるって? だったら俺がその怪人を全滅させてやる!  二次元をこよなく愛する高校生と、どっから来たのかよく分からない銀髪少女。 二人の波乱と笑いとフェチが混ざり合った変身ヒーローがここに生まれる。 「萌えが無い世界に生きていく自信はない! 萌えこそ世界を救うのだ!」
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 ライト文芸 300 位 / 300件
登録日 2019.11.29
SF 完結 短編
夢なのか、現実なのかどっちなんだ? 夢と全く同じ事が目の前で起きている。もしかしてタイムリープしてるのか? もし、夢と同じなら幼馴染のあいつも俺も死んでしまう。 互いに両想いだってわかった日に死ぬなんて御免だ! 何として回避してやる!
24hポイント 0pt
小説 19,410 位 / 19,410件 SF 1,014 位 / 1,014件
登録日 2019.11.29
恋愛 連載中 ショートショート
今日も俺は幼馴染のあいつに告白する。 何度断られても、俺はあいつが好きだ。 付き合えるまで、何度でも告白する。 俺にはこいつしかいない。
24hポイント 1pt
小説 2,880 位 / 19,410件 恋愛 1,165 位 / 4,799件
登録日 2019.11.29
恋愛 連載中 長編
 大学二年になった俺は一人暮らしを始めた。 そして、同じサークルに後輩も何人か入ってきた。 そのうちの一人が彼女だ。俺は、彼女と出会い、付き合う事になる。  お互いが一人暮らしなので、お互いの家に泊まりに行ったり、映画を見たり。 付き合いだしてからはグイグイせめてくる彼女。 「今日泊まりに行ってもいいですか?」 「先輩! お昼学食ですか? 一緒に食べてもいいですかね?」 「今度の休みの日に一緒に買い物行きましょう!」  俺はそんな彼女の事が好きだった。 ※ツギクル様、なろう様、カクヨム様にも掲載中
24hポイント 19pt
小説 596 位 / 19,410件 恋愛 188 位 / 4,799件
登録日 2020.03.16
 山奥に囲まれた一軒の山小屋。 そこに住む少年ライト。  爺さんと一緒に狩りをしながら日々暮らしていた。 爺さんは元冒険者の剣士のようで、ライトに狩りや剣の使い方など色々な事を教えていく。  そんなある日、爺さんが病に倒れ、そのまま他界してしまう。 住む場所もあり、爺さんから引き継いだアイテムと小屋、そして剣。 一人になったライトは狩りをしながらその日暮らしをしていた。   ある日、夕暮れ前に山へ狩りに行くと、遠くの方から叫び声が聞こえてきた。 急いで声のする方へ行くと、オークに追いかけられている一人の女の子の姿が目に入った。  剣を抜き、襲ってきたオークを一兆両断。 助けた女の子はガーネットというらしい。 どうやら何かを求めてこんな山奥に来たみたいだ。  小屋につき一緒に夕飯を食べながら、お互いの事を少しだけ話す。 彼女がバッグから取り出した手のひら大の光る珠。 俺も似たようなものを持っている。 「これはドラゴンオーブ。六個集めると、賢者の石ができるって伝説があるの。ここに、似たようなオーブあるよね?」 「あぁ、持っているよ」  俺はガーネットに引き出しから出したオーブを見せる。 「ねぇ、一緒にオーブを探しに行かない? ライトはそれなりに強いし、きっと楽しい冒険になると思うよ!」  山奥にこのままいても、時間だけが過ぎていく。 外の世界を見るもの、悪くないよな。 「行こう。明日の朝出発だ!」  山奥に一人で暮らしていた少年、ライト。 賢者の石を夢見る少女、ガーネット。  二人のオーブを求める冒険が、今ここに始まる。 ―― 「ライト……。これが最後のオーブなんだね」 「あぁ、長かった。でも、これで最後。早く手に入れて地上に戻ろう!」 「うんっ!」  俺はガーネットの手を取り、その目を見つめる。 長かった、本当に長かった。でも、これでガーネットの夢がかなう。 「あ、あのね、ライト……」  少し涙ぐんだガーネットは背伸びをして俺をのぞき込む。 「ん? 何? どうした?」    だんだんと近づくガーネットの顔。 もぅ、鼻と鼻がくっつきそうだ。 「え? ガーネッ――」 「目、閉じてよ。恥ずかしいじゃない……」
24hポイント 1pt
小説 2,880 位 / 19,410件 ファンタジー 1,004 位 / 7,738件
登録日 2020.05.26
7