4
俺はジョニー・ジャクスン海兵隊二等軍曹。魔王軍海兵隊、衛生特技兵。見ての通りのぶよぶよ野郎、つまるところがスライムだ。仲間からはゴッドスピードとかゴッディと呼ばれている── 雰囲気ミリタリー小説です。 プロローグは短編仕立てです。 以後、第1部(1-x)は志願から初実戦とその帰結を描いた青春篇、第2部(2-x)が数々の実戦と訓練のエピソードを描いたハードデイズ編となっています。 なろうにも掲載していた短編(プロローグ)が出発点です。 ※この作品はフィクションです。実在の組織・地名・国家・宗教・軍隊等には一切関係有りません。
24hポイント 0pt
小説 74,354 位 / 74,354件 ファンタジー 21,753 位 / 21,753件
文字数 48,823 最終更新日 2020.04.10 登録日 2020.04.08
SF 連載中 長編
共和国近衛騎士であった「私」は所属戦隊の全滅後、新規編制された大隊を率いて新たな戦場へ向かう――人型兵器「MD」に乗り、戦場を駆ける或る騎兵将校の物語、あるいは随想。
24hポイント 1pt
小説 3,718 位 / 19,042件 SF 134 位 / 1,001件
登録日 2014.08.12
※「鉄馬(バイク)にのったオークが女騎士を救いに来るなんて」から改題しました 聖法王国教会騎士アンネリーゼは魔王領単身潜入の任につく。長旅の果てにようやく国境を越えた彼女だが、山道のぬかるみに足を取られた愛馬が脚を折ってしまう。さらに悪いことには、そこは狼達の縄張りのまっただ中であったのだ。愛馬を守り剣を振るうアンネリーゼだったが数に押され死を覚悟する。「殺せ」とつぶやいた彼女を救ったのは、馬のようなものにまたがったオークの騎士だった。 バイクオタクおじさんのオークが剣と魔法と陰謀の世界からやってきた平民上がりの女騎士にラッキースケベしてもらったり、バイクオタクおじさんがオタクの悪いところ全開にしたり、無駄にモテてウハウハだっぜ―フーゥ!……という話になるはずだったのに、どこでどう道を踏み違えたのかスパイ謀略物、からのいつもの軍事アクションになっております。なんでや。もっとバイクのオタク話書きたい。 現在第2章に入り、人物の掘り下げやら設定説明回が多くなっております。というか百合じみており。 なんでや。
24hポイント 0pt
小説 19,042 位 / 19,042件 ファンタジー 7,487 位 / 7,487件
登録日 2016.06.22
ファンタジー 完結 ショートショート R15
例のタグ #魔女集会で会いましょう ネタです。魔女ヴェリチアーレに拾われた人間の子マシューの明日はどっちだろうとおもったら魔女っ子だった(ネタバレ)。小説家になろうに投稿しています
24hポイント 1pt
小説 3,718 位 / 19,042件 ファンタジー 1,368 位 / 7,487件
登録日 2018.02.17
4