人人

人人

読者様にはご指導のほどよろしくお願いいたします。 作者様には楽しく読ませていただいております。
7
SF 完結 長編 R15
そう遠くない未来。 人類は謎の寄生生物である化生(メタプレェシァ)による侵食を受けていた。 ユーラシア大陸の南東部から対馬、壱岐と攻め入られた日本はついに本土決戦ミッションを発動させる。 主人公であるイクトは『ディスポーザブル』というゲームのプレイヤーであったが、そのゲームは実は現実の世界で起こっている事であり、自身が既に戦争へ参戦していることを知らされ、強制的に徴兵をされてしまう。 イクトは戸惑いながらも用捨人形(ディスポーザブルズ)と呼ばれる使い捨ての機体を操作し、敵を撃ち倒していく。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 SF 982 位 / 982件
登録日 2015.05.10
青春 完結 ショートショート
投稿歴の少ない作者様なら誰しも思ったことでは無いでしょうか。 ぼくはわりと頻繁にこういう気持ちになっています。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 青春 997 位 / 997件
登録日 2015.05.16
大衆娯楽 完結 ショートショート
 時は現代。  結婚という女としてのゴールに辿り着いた一人の輝女。  2DKのせせこましい部屋で、汗みどろになりながら旦那系眼鏡男子と同人誌を描く。  これは数々の眼鏡男子の誘惑を退け、新刊を待つ読者の為に、日夜、戦い続ける輝女の栄光の物語。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 大衆娯楽 478 位 / 478件
登録日 2015.05.19
 劇の本番中に地震が起き、後輩を庇った際に、照明が頭に落ちて他界した演劇部員トータ。  死ぬ直前に彼はセリフを言わなければと頭の中で強く叫ぶ。 「願わくば。万夫不当の大魔導師に」 「その願い。我が聞き届けよう」  異世界へと転生したトータは、生前の体に、呼び出した地方田舎ボスであるアレイの血肉を雑ぜられ、強靭な魔族として創り直される。  この世界で魔術とは神や悪魔、精霊や自然などの目に見えない人ならざる者に対し、祈りや供物を捧げることで行使する。  元演劇部であるトータはその滑舌の良さと、情感のこもる演技にて種々様々な魔術をチートのように使いこなし、自身の魂を救ってくれたアレイを手助けすべく、日々を邁進していく。  若干、人見知りなトータと、初めて出来た我が子同然の主人公を愛するアレイとのシリアス&ハートフル日常系、成り上がりコメディ。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 ファンタジー 7,415 位 / 7,415件
登録日 2015.05.24
ホラー 完結 ショートショート R15
 退屈な日々に飽きていた男が一人いた。  男は本を読んだことが無く、その空想の世界を面白く感じて、寝食も惜しんで本を読むようになる。  本に埋もれる生活の中で、男はふと思う。  もっとたくさんの本が読みたい、と。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 ホラー 675 位 / 675件
登録日 2015.05.26
恋愛 連載中 長編
 今年で三十路へと達するアラサー女、三葉(みつば)。  特に焦ることも無く日々を淡々と過ごしていたのだけれど、いつも通りに会社を終えて帰って見ると家の前には一人の中学生がいた。 「ぼくと結婚を前提にお付き合いしてください。あなたが好きなんです」  当然の如く見知らぬ中学生を相手にするはずも無く、自分がどんな人となりかもわからず告白してくるような相手はごめんとばかりに断る三葉。  しかし、少年は驚くべきことに三葉の家族でしか知り得ないことを話し始めた。  そう。  少年は昔、三葉に飼われていた犬のケイタロウだったのだ。  倫理的な問題として中学生の告白を受け入れられない三葉と、生まれ変わってまで愛を貫こうとしたケイタロウとの、ハートフルラブコメディ。 「いい加減にしようよ」 「絶対に諦めません!」
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 恋愛 4,810 位 / 4,810件
登録日 2015.06.06
 探偵は警察に敵わないと自虐する与名(あたな)は当の探偵事務所所長である。  過去の彼女は霊能力や超能力を用いて犯罪を未然に防いでいた。  しかし、生来、彼女は謎解きを愛しており、犯人が分かり切ってしまうことに苦痛を感じてもいた。  力を振るっていた彼女は、周囲の期待に応えようと、正義を行っては、その心を摩耗していく。  そうしてすり切れた彼女は、ついに能力を使って犯人を見つけることに飽いてしまう。  自らの力を使わないようになった彼女をサポートするのは、彼女によって救われた、少年である名無(ななし)だった。  少年は想い焦がれる彼女には、清廉(せいれん)であって欲しいと願う。  与名が能力を使わないことをもどかしく感じつつも、彼女に焦がれている為に、少年は甲斐甲斐しくも従ってしまう。  少年は今日もまた彼女の目となって、事件を見過ごす。  彼女を愛するがゆえに。  与名の弟子から今から事件が起こる『であろう』という情報が入り、彼女と少年は三ツ橋グループの一族会議が行われるという場所へと向かう。  三ツ橋の土地は四方を山に囲まれた盆地すべてであり、そこには一族や分家、使用人やグループ企業の従業員などを住まわせている。  私有地により警察組織などは無断に侵入することが出来ず、独自の自治が行われていた。  三ツ橋家の行く末を決める一族会議に入り込むことに成功した少年は、与名の為に情報収集を開始するが―――。
24hポイント 0pt
小説 18,848 位 / 18,848件 ミステリー 510 位 / 510件
登録日 2015.06.30
7