8
異能者を育成する帝立神威學園に通っていたクライヴだが、帝國民ではないのに「強すぎる」という理由で退学になってしまった。 この世界の異能は人造神という動力装置からエネルギーの供給を受けて発動するが、退学になったせいで人造神との繋がりも絶たれてしまう。 しかしクライヴは即座に自分だけの動力装置『神滅兵装』を作り上げた。
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2015.04.08
突如、地球を襲った魔族と、それと戦うために生まれた異能者。 中でも最強の異能者『勇者』と呼ばれたタクトは、魔王を倒した瞬間、異世界に転生してしまう。 そして魔導古書店の店員として働きながら、前世から引き継いだチートじみた力で魔導書がらみのトラブルを解決したり、客とのんびり会話したり、店の裏でハーブを育てたり、ダンジョンに潜って魔導書を探したり。 勇者と魔王の力を両方引き継ぎ、その気になれば世界をひっくり返すことすら可能なタクトのダブルチート魔力だが、そんなつもりは微塵もなく日々まったりと暮らしていく。 やがて気が付けば周りには可愛い女の子が沢山いて――。
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2015.07.05
この世界は生涯を武に捧げてようやくレベル100に到れるかどうからしい。 しかし俺は一歩ごとにレベルが上がる。 スキルもガンガン覚える。 何かもう一瞬で無敵ですよ。 逆に申し訳ないなぁと思いつつ、好き勝手に生きていくぞ!
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2016.02.15
酒蔵の息子であるツカサと、その幼馴染みのハルカは異世界に飛ばされてしまった。 そして、それぞれ勇者と賢者の力を授かり、魔王を倒して世界を救う。 魔王を倒しても日本に帰れなかった二人は、暇なので大陸の東方から米を輸入し、酒造りを始めた。 その酒は市民や冒険者に好評で、女王陛下の目にも止まる。 女王から無制限の資金援助を得たツカサとハルカは、本格的な日本酒を造って異世界のお酒事情を変えてしまう!
24h.ポイント 3pt
小説 294 位 / 21,311件 ファンタジー 110 位 / 8,271件
登録日 2016.04.14
Aランク冒険者である父親から剣士としての英才教育を受けて育ったローラは、九歳のとき王都の冒険者学園へと入学する。 ローラは「剣士の友達が沢山できたらいいな」と期待で胸いっぱい。 そして入学式の日、ローラは剣の適性値107を弾き出す。 並の生徒は50~60なのでローラは間違いなく剣の天才だ。 しかし、そのあとに計った魔法の適性値はなんと9999。 ローラは何が起きたのか分からずポカンとしているうちに、魔法学科に異動させられた。 「私は戦士学科に行きたいです!」 ローラは自分の意志とは裏腹に超天才っぷりを発揮し、あっという間に教師より強くなってしまう。
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2016.07.19
大魔王の遺伝子を元に作られた、最強の生物兵器アイリス。 人間を抹殺しろという使命を与えられ、人間界に解き放たれた。 しかし大魔王たちは知らなかった。 アイリスが引きこもりでニート気質だということを。 人間を滅ぼすという使命を無視し、アイリスは荒野の廃教会に引きこもり、食べては寝てのニート生活を送る。 しかしアイリスが垂れ流していた膨大な魔力が、荒野を肥沃な大地に変えてしまい、だんだん人が住み着き始めた。 そして人間たちはアイリスを女神様として讃え始める。 アイリスは無事にヒキニート生活を送ることができるのか!?
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2017.06.04
天墜の塔。 それは各層の広さが大陸ほどもある不思議なダンジョンだった。 天変地異により滅びかけていた人類は、天墜の塔にあるアイテムを使って何とか生き延びていた。 そんな天墜の塔で、最強と呼ばれた剣聖がいた。 彼は前人未踏の七層に到達し――レベル99を迎えてしまう。 もうこれ以上、強くなれない。 もうこれ以上、塔を上ることができない。 だが剣聖には最後の手段があった。 レベル99のステータスを保ったまま転生し、レベル1からやり直すのだ。
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 ファンタジー 8,271 位 / 8,271件
登録日 2018.06.09
SF 連載中 長編
 魔法教師セリカは婚約者かつ上司である第一王子の無能な経営方針に反対した。すると「やる気がないなら帰れ」と言われた上に婚約破棄されたので見限って実家に帰った。  セリカが去ったせいで授業の質が下がり学園の評判は地に落ちる。  セリカが学園を辞めたと知り世界中からスカウトが来たがセリカは実家の男爵領を継ぐ。借金まみれの財政を改善し、横領犯を粛正する。  あちこちで活躍していた教え子がセリカを慕って領地に集まる。優秀な人材がドンドン増える。  男爵領は大海賊に狙われるほどに成長する。が、その頃には科学と魔法を融合させた最強の兵力を用意していた。  第一王子が嫉妬して陰謀を巡らせても、もう遅い
24h.ポイント 0pt
小説 21,311 位 / 21,311件 SF 1,119 位 / 1,119件
登録日 2022.02.04
8