著者プロフィール

埼玉県出身。2018年よりwebで執筆活動を始める。2019年に「鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか」で出版デビュー。
2
アルファポリス
チートで借金返済!?

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか2

はがき /
ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、待望の第2弾!

ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。『鑑定』と『亜空間倉庫』である。この二つ、一見すると単なるサポートスキルなのだが、実は別の使い方がある。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させられ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。それに気づいたヨシトは、異世界で攻めた生き方をしていくことにする――。金級冒険者パーティー『桜花乱舞』の三人、モーラ、メイ、アリサを新たに仲間に加え、メリッサも含めて、新パーティー『四姫桜』を結成したヨシト。彼らの当面の目的は、メリッサの借金返済だった。とはいえ、強力な竜種の討伐にも成功する彼らにとって、それは簡単なことに思われた。だがそこへ、ヨシトの能力に目をつけた街の領主が動き出し――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2019年11月30日発行
アルファポリス
サポートスキルで最強に!?

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか

はがき /
ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、待望の書籍化!

ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。それは、人や物のステータスのわかる『鑑定』と無生物が自由自在に収納できる『亜空間倉庫』である。残念ながらスキルは二つとも戦闘に使えそうなものではないため、ヨシトは魔物を狩る冒険者ではなく、その荷物持ちのポーターとして生きていくことにした。しかし、同じポーターである獣犬の少女メリッサと行動をともにするうちに、自分のスキルには、他の使い方があることに気づく。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。こうなれば話は変わる。荷物持ちに留まらないもっと攻めた生き方もできるわけで――

■単行本 ■定価1200円 + 税 ■2019年07月30日発行
2