鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3
アルファポリス

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3

はがき /
TYONE / 装丁・本文イラスト
ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、ついに完結!
ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。『鑑定』と『亜空間倉庫』である。この二つ、一見すると単なるサポートスキルなのだが、実は別の使い方がある。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させられ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。それに気づいたヨシトは、異世界で攻めた生き方をしていくことにする――。ヨシトと四姫桜、それに新たに仲間に加わった(自称)ヴァンパイアのリモアは、迷宮に潜ることにした。目的は前人未到の最下層――地下100階に封印されているという女神ラステルに会うため。だがその道のりは、地上では敵なしの彼らであってさえ厳しいもので、ついには犠牲者まで――
■単行本 ■定価1,200円 + 税 ■2020年04月30日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto

CHECK!!

  • 主な登場人物!