英語にうまく訳せない言葉にこそ日本特有の文化と心が宿っている

訳せない日本語 ~日本人の言葉と心~
訳せない日本語 ~日本人の言葉と心~

大來尚順

■単行本 ■定価1,200円+税 ■2017年4月30日発行

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がいよいよ書籍化!
正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。 本書では「いただきます」「お疲れさま」「おかえり」「つまらないものですけど」など、普段何気なく使っている 24の日本語を紹介。
その言葉に隠された、日本人も気付かない奥深い真意を知ることができる1冊。

これまでの連載記事

本ページでは第1回~第3回までご覧いただけます。

第1回
おかえり

第2回
つまらないものですけど

第3回
掌を合わせる


第4回~第20回の記事については書籍にてお楽しみください。


第4回
ご縁

第5回
すみません

第6回
お疲れさま

第7回
しょうがない

第8回
せっかく

第9回
いただきます

第10回
おかげさまで

第11回
微妙

第12回
もったいない

第13回
こつこつ

第14回
敷居が高い

第15回
ごちそうさまでした

第16回
おもてなし

第17回
どっこいしょ

第18回
大丈夫

第19回
さりげない

第20回
失礼します


著者プロフィール

大來尚順
1982年、山口県生まれ。僧侶でありながら、講演や執筆、通訳や仏教家関係の書物の翻訳なども手掛け、活動の場を幅広く持つ僧侶。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。 ビジネスマンの悩みを仏教の観点から解決に導く著書『端楽(はたらく)』や、英語に訳せない日本語の奥深さを解いた『訳せない日本語』(ともにアルファポリス)が好評のほか、国内外を問わず仏教伝道活動を広く実践している。
端楽(はたらく) 「はた」を「らく」にする。それが働くこと。

「端楽(はたらく)」

ハーバード大卒の僧侶が、「働くこと」の本当の意味を
仏教の視点から見つめ直した、悩めるビジネスパーソン必携の1冊。

■単行本 ■定価1,500円+税 ■2016年03月31日発行