アルファポリス

端楽

「端」を「楽」にする。それが働くこと。

「働く」ことの本当の意味を仏教の世界から考えてみる。
浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における心の持ち方を指南することで、悩めるビジネスパーソンの一助となる1冊。
■単行本 ■定価1,500円 + 税 ■2016年03月31日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto

特集ページ

刊行記念インタビューはこちら

お知らせ

CHECK!!

  • 目次

    第一章
    ~調子が〝悪い〟と感じるとき~
    人生を楽にする、知っておきたい仏教用語とその解釈-①
    正念(しょうねん)/一期一会(いちごいちえ)/和顔(わげん)愛語(あいご)/自業自得(じごうじとく)/自由(じゆう)/諸行(しょぎょう)/忍辱(にんにく)/諸法(しょほう)無我(むが)/一切(いっさい)皆(かい)苦(く)/回光(えこう)返照(へんしょう)/御同朋(おんどうぼう)御同行(おんどうぎょう)/脚下照顧(きゃっかしょうこ)/平常(びょうじょう)心(しん)是(これ)道(どう)/無碍(むげ)の一道(いちどう)/自身(じしん)教人(きょうにん)信(しん)

    ~コラム-1~
    二足の草鞋(わらじ)を履くという生き方             

    第二章
    ~調子が〝いい〟と感じるとき~
    人生を楽にする、知っておきたい仏教用語とその解釈-○2
    忘(もう)己(こ)利他(りた)/縁起(えんぎ)/中道(ちゅうどう)/盛者(しょうじゃ)必衰(ひっすい)/身心(しんしん)一如(いちにょ)/臨機応変(りんきおうへん)/行住(ぎょうじゅう)座臥(ざが)/
    煩悩(ぼんのう)に眼(まなこ)さへられて/三昧(ざんまい)/六道(ろくどう)輪廻(りんね)/選択(せんじゃく)/捨(しゃ)/還相(げんそう)回向(えこう)/諦(たい)/有頂天(うちょうてん)

    ~コラム-2~
    青春 ~今の自分を見直すカギ~

    第三章
    ~巻末企画~
    覚えておきたい「仏教用語」厳選30

    ~コラム-3~
    日本人の心の由縁 

著者の他の書籍

訳せない日本語がもつ真意

訳せない日本語

日本人の言葉と心
本当の幸せについて考える

小さな幸せの見つけ方

幸せはあらゆる瞬間にあなたのそばにある