筑前筑後

筑前筑後

時代小説を主に書いております。 作風はハードボイルド。センテンスを削りに削って、物語を紡ぎます。

「狼の裔」完結報告

 アルファポリスで、やっと「狼の裔」を完結させた。
 これで、「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」の三つで終了した事になる。
 約51万文字。51万文字だぜ!? WEB時代小説で、ここまで書いたものがあったかい? あったのなら謝るが、早々あるものではないのは確かだ。
 そして、前章の「天暗の星」を含めれば、60万文字。どうだ、凄いだろう。60万文字も費やしたんだぜ。

 このシリーズ、一つの仕掛けを施している。
「天暗の星」から読むか「狼の裔」から読むかで、主人公が変わるのだ。
 本当か? と、疑う人がいるなら、どうぞ読んで欲しい。

 現在、「狼の裔」の続編を構想中。
 シリーズ化として、色々書ける。ま、よう考えれば当たり前の話だ。
 そんなキャラを60万文字を掛けて書いたのだから。いや、60万文字を掛けて、一人の人間を作り上げたのだから。

 アルファポリスの編集部の皆さん、読んでおりますか?
 第一回歴史時代小説大賞では、前半のみの応募だったので特別賞にとどまりましたが、完結していれば大賞だった自信があります。
 で、その「狼の裔」が完結しましたよ。居眠り磐音のように、いくらでもシリーズ書けますよ。嘘だというなら、読んでごくださいませませ。

 筑前筑後を青田買いして、抱え込むなら今の内です!!
コメント 0
登録日 2017.11.28 14:56

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0