今までありがとうございました!

「眠り騎士と悪役令嬢の弟」をここまで見ていただけてありがとうございます!
無事、完結する事が出来ました!

これも皆様のコメント、ブックマークなどをしていただき元気をもらったからです。
処女作という事で思い入れも大きく、終わってしまい寂しさもあります!

初期設定で大きく変わったのはトーマです。
初めトーマは冷徹無慈悲な性格でした。
アルトにも冷たくまさにクールキャラになる予定でした。
それが出会った瞬間恋に落ちて溺愛してしまうキャラになってしまい、ストックのページを書いている時に先に書いていた作品説明を慌てて変更したのはいい思い出です!(まだ公開はしていなかったので良かったです)
ただアルトの事になると頭に血が上りやすくなるのは少し初期設定を引きずっていたのかもしれません。

アルトは今よりツンデレな性格でトーマにもツンツンしていました。
それが思ったより早くデレてしまい、今ではツンデレのツンが行方不明です。

R18シーンが媚薬のアレしかなくて、さすがにそれだけだとちょっと…と思い最後に入れました。

唯一の心残りはイチャイチャ不足でしょうか。
アルトが恋に自覚した途端に二人は離れ離れになり一緒に居られてもイチャイチャする暇はなかったのでもう少しイチャイチャさせとけば…と後悔しています(すまない、トーマ)

いつかまた機会があれば続編を書いてみたいと思っていますが、一先ず眠り騎士は終わりです。

それでは長々とお付き合いいただきありがとうございます!
これからも塩猫の小説をよろしくお願いいたします。
コメント 0
登録日 2019.01.24 20:08

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

0