水

紫紺と翡翠から改名しました よろしくお願いします

孤独な王女第一部完結しました。

 孤独な王女第一部完結しました。皆さま、これまでお付き合いいただきありがとうございました。

 会心の一撃①②、閑話・絶対唯一無二の……から書き始め、その辻褄を合わせるように書いてきたあれこれをようやく無事にまとめることができて達成感がひと潮です。しかし、その分リエンの辛い状況が長引きすぎて皆さまにもどかしさを与えてしまい申し訳ありませんでした。

 また、途中……というかわりと早い段階から感想に返信をすることができず申し訳ありませんでした。ですがいただいた感想は全て目を通し、励みにしたり参考にさせていただいたりしました。書いていると、自分の価値観が試されているような気がしましたが、心強い言葉をいただき、なんとか書ききることができました。本当にありがとうございます。

 謝り倒しですが、最後に。
 恋愛のカテゴリに入れておきながら恋愛部分がレオンハルト殿下しかなく(しかもまともな描写してない)て期待されていた方々には大変申し訳なく思っています。作者がその経験ゼロのまま見切り発車で書いてしまったのが敗因ですが、どうも親愛、忠愛、友愛までしか理解が及んでおらず、修行が必要だと感じております(どんな修行かはさておき)。



 第二部はもう少し恋愛色を出せるようにしたいと思いますが、ネタが溜まるまではしばらく筆を置かせていただきます。
 本編で語らなかったヴィオレット視点の短編や、その他思いついたショートストーリーは、その時々で随時更新したいと思っています。



 長々と書いてしまいましたが、皆さま、主人公リエンを大切にしてくださり本当にありがとうございます。ということが言いたかったのです。要点がまとめられない私はまだ力不足です。
 これからもリエンと共に孤独な王女の世界を駆け抜けたいと思います。

 本当に、本当にありがとうございました。
登録日 2019.03.18 23:53

コメントを投稿する

1,000文字以内

ログインするとコメントの投稿ができます。
ログイン  新規ユーザ登録

1
2019.03.19 08:42
yamakakashi893

お疲れ様でした。
大変、楽しく読ませていただきました。

1