上 下
62 / 73
馴れ初め編/第四章 その想い、湯けむりに紛れて

62.熱き頬に伝う雫

しおりを挟む
しおりを挟む