上 下
330 / 534
第十七章 立ちはだかる現実

閑話 薄暗い一室にて、その2

しおりを挟む
しおりを挟む