一行日記 2023年9月

犬束

文字の大きさ
上 下
21 / 30

9月21日(木)

しおりを挟む
しおりを挟む

あなたにおすすめの小説

隣の奥さんと

犬童 幕
大衆娯楽
隣の奥さんとの事

TUNDRA

犬束
現代文学
 ツンドラは永久凍土のひろがる降水量の少ない地域。凍原、寒地荒野。

図書感想 十月

犬束
エッセイ・ノンフィクション
 食欲の秋も深まりました。  旅と旅先の美味しいもの特集📙

dessin

犬束
現代文学
 サニーサイド・アベニューを巡る四季、そして行き交う人々。それらを、ショートフィルムのようにデッサンし、コレクションした連作集。

図書感想 七月

犬束
エッセイ・ノンフィクション
 恋愛小説、と言うよりか、それは恋愛に分類する感情なのか、微妙なお話を選びました。

一行日記 四月

犬束
エッセイ・ノンフィクション
 新年度の始まり。  創作とかフィットネスとかポイ活とか、辛くなって投げ出さない程度に、さりげなく活動するのが目標。あと、読書も。

一行日記 三月

犬束
エッセイ・ノンフィクション
 新年度に向けて、あれこれ片づけたり、準備したり、を目標に。

怪物 〜曖流のなんでもない日常〜

弘生
現代文学
いつも明るく元気よく笑顔を忘れない曖流。だから、変わり者と言われながらも、悩みなんてなさそう、幸せそう、と口々に言われてきた曖流。 その苦悩は計り知れず、曖流の心の中を映すように鏡の中の曖流はいつでも不機嫌なのでした。 そんな生き辛さを背負った曖流の日常は、曖流の口癖、 「そう、なんでもないし、なんてことはきっとないの」なのです。 けれど、言葉とは裏腹に描いた絵画の中にモンスターを生み出してしまった、絵描き曖流の向かうところはどこなのでしょう。……筆者にもわかりません。

処理中です...