上 下
11 / 11
第四章 諏訪の湖

しおりを挟む
しおりを挟む

この作品の感想を投稿する

みんなの感想(1件)

堅他不願(かたほかふがん)

 戦国時代ファンなら大抵は知っている勝頼の悲劇。大変な愛妻家であったことでも有名で、ご作品を読んでいるとついつい飛躍して天目山が忍ばれます。
 これ以上はネタバレなので差し控えますが、こまやかな心理描写が楽しめました。
 

橘  ゆず
2020.10.30 橘 ゆず

感想ありがとうございます!

武田の勝頼公ご夫妻が大好きで、お二人の出逢いと幸せだった頃をみてみたくて書いてみました。
お読みいただき、感想までお寄せいただき感激です。

ありがとうございました!