漫画大賞終了

漫画大賞

選考概要

編集部内で一次選考において大賞候補作としたのは「WEB漫画-天の祈りと大地の願い-」「BALANCER(バランサー)」「Libra」「INUGAMI」「御かぞくさま御いっこう」「夢の中で見る夢」「パラノイア」「comic」「ハロゲンランプ-マンガMenu-」「チヒロ☆ちひろ」「ramble_oN」「役行者顛末秘蔵記」の12作品。その後、二次選考を経て最終的には「BALANCER(バランサー)」「Libra」の二作での選考となった。両作とも甲乙つけがたく、とくに「BALANCER(バランサー)」においては世界観の設定とその表現力、「Libra」においては先を読ませるストーリー構成力が卓越していると評価した。結果、「BALANCER(バランサー)」のラフな絵自体もまた大きな魅力であるということを認めつつ、商業出版化を考えた場合に「Libra」の絵のほうが適しているだろうということで編集部内で一致し「Libra」を大賞とした。全体的に本賞の選考を通じてWeb漫画のレベルの高さ、そして可能性について再認識し、今後アルファポリスでもWeb漫画の分野に力を入れていきたいと考える大きな契機となった。

応募総数146作品 開催期間2008年05月01日〜末日

編集部より

神の火を巡る陰謀と主人公の自身の立場に対する葛藤という二つの軸が、物語の展開に緩急をつけ、深みを生んでいます。そのため、読み終わった後も余韻を残す、魅力的な作品になっています。伏線の張り方やミスリードなど、演出がうまいと編集部でも感じており、今後の展開におおいに期待するとともに、アルファポリスでもぜひ出版化の道を探っていきたいと考えております。

天の祈りと大地の願い


編集部より

ポイント最上位作品として、“読者賞”に決定いたしました。絵の美しさと魅力的なキャラクターに溢れた、読んでいて引き込まれる作品でありました。天使や魔王、人間といった本来異なる世界に住んでいるはずの人たちの心のつながりがストーリーに深みを与えていて、長い作品にも関わらず、読み手を先へ先へと読み進めさせます。アルファポリスでもぜひ出版化の道を探っていきたいと考えております。


編集部より

天界と地上を舞台にした壮大で王道を行くストーリー、共に行動しつつも、独自の思惑を持つ登場人物たち、それら、複雑な要素を詰め込みながらも、読みやすさを失わず、続きを読ませる力がある作品だと思います。また毎日更新されている点も高く評価するとともに、著者の強い姿勢を感じます。更新を優先させるためかもしれませんがラフな絵もまた魅力であると思います。アルファポリスでもぜひ出版化の道を探っていきたいと考えております。

投票ユーザ当選者

投票総数682票 当選10名