第5回ドリーム小説大賞終了

第5回ドリーム小説大賞

選考概要

編集部内で大賞候補作としたのは、「木苺はわたしと犬のもの ~司書子さんとタンテイさん~」「蝶々ロング!」「ミサトさんちで晩ごはん」「私が私で彼が彼であるということ」の4作品。

最終選考の結果、4作の中で最も完成度が高いと編集部内で評価された「ミサトさんちで晩ごはん」を大賞に選出した。中編ながらも綺麗にまとまった作品で、魅力的なキャラクター達が人とのかかわりを通じて成長していく様子が丁寧に描かれていた。ただ一つ難を言えば、作品に漂う雰囲気がやや古く感じられたことが残念だった。

次点として評価が高かったのは、「蝶々ロング!」。
工具店の作業服売り場に勤務することとなった女の子が奮闘する、というユニークな作品であった。ただ商業的に考えた時、その設定がかえって読者層を狭めてしまうのではないかと感じられ、受賞には至らなかった。

「木苺はわたしと犬のもの ~司書子さんとタンテイさん~」は、亡くなった祖母と暮らした家で丁寧な生活を送る主人公の描写や、ほのぼのとした作品の空気感が評価されたものの、主人公の感性や思考が幼い点がマイナスとなった。

「私が私で彼が彼であるということ」は、主人公の直面する寂しさや切なさ、諦めなどが散歩の描写を通じて伝わってくる良作であった。ただ、よくも悪くもうまくまとまりすぎており、物足りなさを感じる点が惜しかった。

応募総数144作品 開催期間2014年06月01日〜末日

ミサトさんちで晩ごはん

ハットリミキ
12位 / 144件

編集部より

どのキャラクターにも個性があり魅力的で、中編ながらも大変綺麗にまとまった作品でした。主人公をはじめ、それぞれ事情を抱えていた登場人物たちが人とのかかわり合いの中でどんどん前向きになっていく姿には、思わず声援を送りたくなります。文章も読みやすく、抑制のきいた表現手法にストーリー展開がうまくはまっていて、筆力の高さが感じられました。

ネトゲで人生大逆転

清水 京
1位 / 144件

編集部より

ポイント最上位作品として、“読者賞”に決定いたしました。ネトゲ廃人で人生詰みかけの主人公がたちまちリア充に、というお約束の設定ながら、女性キャラクターが生き生き描かれているため、魅力的な作品に仕上がっていると思います。平易ながら勢いのある文章もあいまって、ぐっと引き込まれた読者が多かったのではないでしょうか。

※受賞作については大賞ランキングの最終順位を追記しております。

投票ユーザ当選者

投票総数574票 当選10名