深夜遊園トシワカ丸

深夜遊園トシワカ丸

豊島園が閉園し、トシワカ園がはじまるぜぃ、よろしくぅ! お手柔らかに感想を聞かせて頂けますか(謙虚)
2
恋愛 連載中 長編 R15
前作『愛尿(あいにょん) …体液提供いいなり美少女メリカ』の続編です。 ・・・と言いましょうか、前日譚です。 メリカが経験した、肉体的・精神的に激動の<初夏>を描きます。 と言いたいのですが、私も忙しく、全てを書ききる余裕がありません。 けれど、「愛尿」が確実にお気に入りを増やしています。 なんとか、皆さんの好意に報いたい…。 故に、ボーナストラックとして、メリカの初フェラと、真也によるフェラ指南の話を書かせていただきます。 いやはや、私は実は、責めるほうが好きで、フェラとかされるほうをうまく描けるか不安なんですが、純粋なメリカにフェラをさせるという「精神的な責め」で話を盛り上げていきたいと考えておりまする^^v ほんじゃ、『ファースト・サマー・メリカ』の第12章「初めてのフェラチオ(前篇:自由演技)」第13章「初めてのフェラチオ(後篇:規定演技)」をお読みください。
24hポイント 71pt
小説 9,399 位 / 92,538件 恋愛 4,189 位 / 25,299件
文字数 11,020 最終更新日 2020.11.20 登録日 2020.11.11
恋愛 完結 長編 R15
純真無垢に育ってきた女子高生のメリカと、その彼氏である社会人・真也の、ラブホテルは、フリータイムで過ごす一日のお話。 二人は仲睦まじく、お互いを深く愛している。 メリカが、まだ高2であること以外は、いや、それを考慮しても、世間様に後ろ指差されるような恋愛ではない。 不倫でも、レイプでも、お金を媒介にした関係でもなく、純粋な恋愛関係だ。 だけども、その秘められた、二人だけの性的な関係が微妙におかしい、ノーマルとは言い難い。 メリカにとって、真也は初めての交際相手、初めてのセックスの相手、真也の手ほどきがメリカの性行為のスタンダード。 真也は、まだまだ幼いメリカの身体を隅々まで愛しまくり、これでもかとしゃぶり尽くし、更にしゃぶり尽くす。 メリカの分泌する体液のすべてが、その所有者は彼氏のものだと教えられる。 例えば、おしっこだけでも、三回に分けて排泄させられ、それぞれにプレイをたがえて、彼氏の欲求を満たしていく。 その快楽は、すべての女性が普通に受け入れているものと教えられたメリカは、安心して、何ら疑問を抱かずに受け入れ、溺れていく、イク。 メリカには、幼いながらも稀有な「エロ」の才能があり、真也のどんな要求にも、それを発展させて応えていく、イク。 長時間に及ぶクンニで、数百回連続でイクことにも、肉体的・精神的に、いとも簡単に順応するのだった。 メリカと真也の愛の、具体的な交歓、その心理状態の思惑は、あたかも、週刊少年ジャンプのバトルマンガのように熱く盛り上がっていく、イク。 二人のやっていることは「エッチ」だけなのであるが、その内容は「何か」が10パーセントほどズレている。 (少しづつ分けて投稿していきますが、完成原稿は、23章立て、約65000文字です)
24hポイント 298pt
小説 3,750 位 / 92,538件 恋愛 1,774 位 / 25,299件
文字数 65,331 最終更新日 2020.09.10 登録日 2020.09.03
2