大家一元

大家一元

普段は『カクヨム』で活動してます。
2
 20XX年某日早朝・T市。  三人の男性が無惨な姿で病院に運び込まれる。彼らの身元を洗う内に捜査線上に浮上したのは、十七年前に同じくT市で発生した「史上最悪の少年犯罪事件」の犯人。通称・「悪魔の子」。  事件数日前、そんな未来を誰も知らないT市では平穏な日常が送られていた。  猟奇事件の被害者・川越充と野上正一の周辺もまた同様。不安要素はただ一つ。川越邸の養子・ケントが内に秘めた激しい狂気のみ。 ・登場人物 ケント/川越健人(カワゴエ ケント) 23歳。ミツルの養子の一人。自傷癖があり精神科に通院している。 アヤカ/川越文香(カワゴエ アヤカ) 22歳。ミツルの養子の一人。ホテルで客室清掃のアルバイトをしている。 ミツル/川越充(カワゴエ ミツル) 50歳。ケントとアヤカの養父。有名な篤志家だが、物語冒頭で「生ける肉塊」となって発見される。 ノガミ/野上正一(ノガミ ショウイチ) 45歳。ケントの担当医である精神科医。ミツル同様、物語冒頭で無残な姿で発見される。 ノリコ/川越紀子(カワゴエ ノリコ) 43歳。ミツルの妻。アヤカの勤めるホテルで清掃主任をしている。
24hポイント 0pt
小説 53,998 位 / 53,998件 ライト文芸 2,306 位 / 2,306件
文字数 9,612 最終更新日 2018.09.18 登録日 2018.09.18
大衆娯楽 連載中 長編 R18
終末の世に秩序を打ち立てんとした伝説の総裁・錦戸しげるが『文明の非協力者』と指弾した『灰色の町』。 そこは、終末の道理をとことんまで弁えた悪党たちと、終末に取り残されようとするはみ出し者が集う、暴力と退廃が支配する町。 そんな町に、二人の若き鼻つまみ者が帰還した。
24hポイント 0pt
小説 19,321 位 / 19,321件 大衆娯楽 502 位 / 502件
登録日 2018.04.26
2