隅田川一

隅田川一

隅田川一(すみだがわ はじめ)と申します。昭和レトロをシーンとして、古典的な推理小説(稲荷千太郎シリーズ)を中心に書いていきます。よろしくお願いします。 
2
稲荷千太郎は、村越警部から紹介を受けて、ある島に行くことになった。その島の名前は瀬戸内海の「奥島」、別名「人形島」と呼ばれていた。この島には、人形を供養する寺がある。その寺に東京から奇妙な手紙と人形4体が送られてきた。送り主が不明であり、手紙の内容が不気味だったため、寺の住職が村越警部を通じて、探偵稲荷千太郎へその調査を依頼した。稲荷千太郎は、この「人形島」で連続殺人事件に巻き込まれる。 「白船亭事件考」続く、昭和の名探偵「稲荷千太郎シリーズ」第2作目。
24hポイント 0pt
小説 74,569 位 / 74,569件 ミステリー 1,871 位 / 1,871件
文字数 4,121 最終更新日 2019.01.19 登録日 2019.01.14
昭和40年春。行政書士稲荷千太郎事務所に訪れた浅草の料亭「白船亭」の主人である白船喜平は、稲荷千太郎に遺言書の作成を依頼した。それをきっかけに、「白船亭」で起こる殺人事件に稲荷千太郎は巻き込まれる。犯行現場に現れる「片腕のない男」は一体誰なのか、犯行現場に置かれている「村正参上」というメモの意味は?昭和レトロの探偵が今ここに復活する。
24hポイント 0pt
小説 74,569 位 / 74,569件 ミステリー 1,871 位 / 1,871件
文字数 186,267 最終更新日 2018.11.07 登録日 2018.10.25
2