白船亭事件考

昭和40年春。行政書士稲荷千太郎事務所に訪れた浅草の料亭「白船亭」の主人である白船喜平は、稲荷千太郎に遺言書の作成を依頼した。それをきっかけに、「白船亭」で起こる殺人事件に稲荷千太郎は巻き込まれる。犯行現場に現れる「片腕のない男」は一体誰なのか、犯行現場に置かれている「村正参上」というメモの意味は?昭和レトロの探偵が今ここに復活する。
24hポイント 0pt
小説 66,004 位 / 66,004件 ミステリー 1,634 位 / 1,634件